Popular

2017年上半期ベストショット

昨年12月に、2016年のベストショットを選んだ。その後カメラがFUJIFILMのX100からX-Pro2に変わり、撮影枚数も加速度的に増えている。そこで2017年は一旦ここで区切り、上半期のベストショットをピックアップしておきたい。 「恋路ヶ浜」

世界との関わり方が変わる10冊(Kindle)

電子書籍が徐々に普及し、書籍全体の5分の1まで市場規模が拡大した。読みやすさの観点では紙の本に軍配が上がるが、電子書籍には利便性という大きなメリットがある。思い立ったらすぐ入手できるし、保管場所にも困らない。電子書籍はコミックが大半を占める…

青春を置き去りにした街 - 犬山

私は4歳の頃、愛知県の犬山市に引っ越してきた。当時の記憶も薄っすら残っていて、母親が乗っている自転車が倒れて荷台から放り出されたり、帽子の中に隠していた小銭をトイレに落として怒られたり、幼稚園の先生の胸を触ったり、そんな他愛もない記憶だ。

観たい映画をメモ、レンタル開始日に通知、Filmarks for iPhone

最後にiPhoneのアプリを記事にしたのは2年前までさかのぼる。最寄りの図書館の蔵書が検索できるアプリで、気になった本の管理もできるので今でも重宝している。最近、その映画版とも言えるアプリを見つけたので紹介したい。 Filmarks(フィルマークス)- 映…

東京を感じる写真撮影スポット15選

写真を撮り始めてそろそろ1年になる。カメラはCanon EOS 6Dから始まって、CONTAX T2、PENTAX 67、FUJIFILM X100Tと入れ替わり、現在はFUJIFILM X100Fに落ち着いた。

2016年ベストショット #2016bestshot

期間限定で公開される秘境、愛岐トンネル群

人が目を見て話す生物学的な理由

最近、小学生の息子が『ミッション・インポッシブル』にハマっている。きっかけは最新作の『ローグ・ネイション』を一緒に観たことで、ガジェットを駆使した潜入捜査や銃と車の派手なアクションが、小さな男心をくすぐったようだ。私はもともとトム・クルー…

小説『ベンハムの独楽』を出版

小説『ベンハムの独楽』を電子書籍で出版した。Kindleストアの紹介文はこちら。 もしあなたがスマートフォンを持っているなら、カメラの撮影画面をモノクロにして周囲を見渡してみて欲しい。僕が見ているのはその世界だ。色のない世界は味気ない。感動がなく…

小説『グラビトン』を出版

小説『グラビトン』を出版した。4000文字程度の短い物語だが、伏線を随所に入れつつ科学と人間のドラマを凝縮させたので、十分楽しんでもらえるはずだ。読み終えた瞬間に希望を感じる、そんな読後感があると嬉しい。こちらは紹介文。

世界との関わり方が変わる10冊 #2015

今年の夏頃からブログの書き方を変えた。以前は読んだ本を紹介することに重きを置いていたが、いまは本を媒介にして自分の感じたことを書こうとしている。すると自然に、記事のタイトルから本の題名が消えた。なぜ本を読むのか。それはひらめく準備をするた…

プルースト効果

仕事を終えて外に出ると雨が降っていた。ここのところ毎日のように雨が降る。気温はそれほどでもないが、湿度が高いのでジメジメして、シャツとズボンが肌にまとわりつく。まるで梅雨の季節に巻き戻されたようだ。駅に着く前に雨が止んだ。街灯に照らされた…

世界との関わり方が変わる10冊 #2014

優れた本には、世界との関わり方を変える力がある。流行を追うのではなく、物事の本質をつかむことができる本。読み終えると世界の見方が変わり、目の前に道が開ける本。そんな本に出会うと、自分の可能性が広がることを感じる。今回は、数学・科学・デザイ…

東大教授による『教養のためのブックガイド』50選

何のために本を読むのかと聞かれたら、書くためだと答える。何のために書くのかと聞かれたら、知るためだと答える。何のために知るのかと聞かれたら、考えるためだと答える。答えは用意してあるのだが、聞かれたことは一度もない。東京大学教授による『教養…

図書館がもっと便利になる、蔵書検索アプリ『図書館日和 for iPhone』

書籍は一過性のものだ。名著と言われた本でも、5年、10年経つと書店から消える。読みたいと思った本が大型の書店に行っても置いていない。だからと言って、ページをめくった事がない本を注文するのは躊躇する。そこで便利なのが図書館だ。図書館は以前と変わ…

iOSの標準メモアプリが物足りなくなったら『MomoNote for iPhone/iPad/Web』

iOS 7で標準メモアプリのデザインが変わった。白を基調としたシンプルな画面になり、Macとも同期できて便利なアプリなのだが、一つだけ弱点がある。それはリスト管理ができない点だ。標準メモアプリのリストは更新した順番で並ぶ。メモの数が少ないうちは問…

カレンダーとリマインダーが共存する『Calendars 5 for iPhone & iPad』

数多くあるカレンダーアプリの中でも、カレンダーとリマインダーが実用的なレベルで統合されたアプリは『Calendars』しかない。その『Calendars』が、iOS 7のフラットデザインに合わせて新しいアプリとして登場した。

人生が明るくなる名言集

いつまでも記憶に残っている言葉がある。聞いた瞬間、読んだ瞬間、目の前がパッと明るくなるような珠玉の名言。進むべき道を指し示すような言葉。今回は、私が今まで出会った心に響く名言を紹介したい。これらは全て他人の言葉だが、集約する事で自分を表現…

Tumblrの時間泥棒な映画アカウント6選

Tumblrには様々な映画のアカウントがある。映画のワンシーンを集めたもの、デフォルメしてポスターにしたもの、コマをまとめてバーコードにしたもの、などなど。今回は、Tumblrの面白い映画アカウントを6つ紹介したい。どれも時間を忘れてページをめくってし…

思わず触りたくなるiOSのUIデザイン

ユーザーインターフェイスが洗練されているアプリは、使っていて気持ちいい。ボタンの形、配置、配色、画面の遷移、アニメーション。これらのデザインと機能がマッチすると、多くの人に受け入れられるアプリになる。

音楽聴き放題の『Pandora』が日本でもアドオンで利用可能に

Sony Musicの楽曲がiTunes Storeで購入できるようになり、ネットの音楽サービスが変化の兆しを見せる中、日本でもブラウザのアドオンを使ってPandoraが利用できるようになった。Pandoraは2005年に登場した米国のインターネットラジオで、日本では2007年にア…

漫画『ブラックジャックによろしく』が電子書籍で全巻無料配信

『ブラックジャックによろしく』が電子書籍として全巻無料配信された。『ブラックジャックによろしく』は、医療現場の現状を研修医の目線で描いた佐藤秀峰さんの漫画。佐藤秀峰さんは、2006年に最終巻が発売されて以降、書店で売り切れているにも関わらず重…

バンクシーがイスラエルに残した9枚の壁画

なんとなく名前を知っていたバンクシー。正体不明のストリートアーティストで、世界各地でゲリラ的に絵を描いている。それぐらいの知識しかなかった。そんな彼が製作した映画『イグジット・スルー・ザ・ギフト・ショップ』が、iTunesでレンタルできたので観…

Macの修飾キー記号を覚える方法

⌥ ⌘ ⎋これはアップルメニューにある「強制終了」のショートカットだが、どの修飾キーを押せばいいか分かるだろうか。⌘ はまだしも、⌥ や ⎋ はなかなか覚える事ができない。そこで今回は、Macの修飾キー記号の覚え方を紹介する。特別な覚え方があるわけではな…

デジタル一眼レフカメラの基礎から実践まで

デジタル一眼レフカメラは、知れば知るほど楽しくなる。絞りとは? シャッタースピードとは? ISO感度とは? 仕組みを理解すると明るい写真が撮れるし、長時間露光などの応用も効く。今回は、デジタル一眼レフカメラの基礎を学ぶ方法を紹介したい。

音楽聴き放題の『Grooveshark』がiPhoneに対応!

久しぶりに興奮するニュースが飛び込んで来た。あのGroovesharkが、iPhoneのWebアプリとして復活した。

村上春樹の書斎とスティーブ・ジョブズ

Steve at home in Palo Alto 雑誌『ダ・ヴィンチ』だったと思う。村上春樹の特集が組まれていて、書斎の写真が載っていた。机に縦型のモニタが置いてあり、原稿用紙モードのエディタに、縦書きで文章を入力していた。パソコンはMacintoshだった。Macがあれば…

Twitterで見かけるハミ出した顔文字の正体

少し前からTwitterで見かけるようになった、上下に飛び出す変な顔文字。気持ち悪いのであまり関わらないようにしていたのだが、この顔文字の謎が明らかになったのでお伝えしたい。

読みやすい文章を書くための技法

『坊っちゃん』自筆原稿 読みやすい文章とは、流れるように読める文章だ。難しい言葉はいらない。気のきいた言葉もいらない。文頭から文末まで振り返ることなく読める文章が、最も美しい。読みやすさの基準は客観的なものだ。読み手には様々な人がいる。老若…