Twitterアプリ グループ機能比較

iPhoneのTwitterアプリでグループ機能を試した結果、色々と分かった事があるので以下の3アプリを比較したいと思います。

  ※AppStoreへジャンプします。

何故グループ機能が必要なのか?

私の場合は時間がない時に重要な人だけのTL(TimeLine)を確認したいという思いがあります。

TimeLineはTwitterの最大の魅力の1つであり、時間の流れに沿ってゆる〜く追うのが一番面白いのではないでしょうか。だからこそTwittelatorのBookmarkのように個人の発言だけを確認するのではなく、普段読むのと同じようにグループでもTLで追いたいのです。「TLを作る」とはまさにこの事でしょう。

現在の私の状況はFollow142人、Follwer118人ですが、この人数ですら1日ほっておくと未読が3000件程たまります。

サラリーマンは平日あまり自分の時間がありません。ましてや子持ちは尚更です。そこで自分にとって重要な人をグループとして作っておけば短時間でTLを追うことができます。

また、Twitterのアカウントをもう一つ作成するほどではないけど、News系だけのTLを作りたいという場合にも便利だと思います。

それでは、本題のアプリ比較を始めましょう。

グループ機能があるアプリ

現在のAppStoreの中では以下の4アプリが代表なのではないでしょうか。

  • Twittelator Pro (600円)
  • Simply Tweet (600円)
  • TweetDeck for iPhone (無料)
  • TwitBird Pro (350円)

この中でTwitBird Proは試した事がないので他の3つを比較したいと思います。

グループ分けの方法

グループ作成時にFriendを追加する方法と、TLを追いながらProfile画面で追加する方法の2種類があります。
※今回スクリーンショットを載せるにあたり、@hiro45jpさん、@MOVEMENTさん、@i_himikoさんには事前に許可をもらいました。感謝です!


■Twittelator Pro
【グループ作成時のFriend追加方法】
[,]
左の写真はあらかじめ"More" → "Edit"にて"Subgroups"をアンダーバーに配置しています。
まずは"Subgroups" → 左上の"+"を順に選択します。その後に右の写真へ遷移し、"Name"にグループ名を入力(ここではSample)してドラムからFriendsを追加します。
※ドラムによるユーザー名の一覧から選択する事ができます。

【Profile画面からのFriend追加方法】
[,]
左の写真は私のProfile画面なので表示されていませんが、本当は"Favorites"の下に"Mute/Block/Notify"というボタンがあり、それを押すと右の写真に遷移します。"Add to Subgroup"を選択する事により先ほど作成したグループに追加できます。


■Simply Tweet
【グループ作成時のFriend追加方法】
[,]
左の写真は"More" → "Edit Saved View" → "+" → "Rename"を選択した画面です。ここでグループ名を入力した後に"+"(Add)を選択すると、右の写真のFriend追加画面になります。
※ユーザー名と共にアイコンと本名も表示された一覧から選択できます。

【Profile画面からのFriend追加方法】
[,]
左の写真のアンダーバー右端のアイコンを選択すると、右の写真に遷移します。ここで"Add to Saved View"を選択後に追加したいグループ名を押して完了です。


■TweetDeck for iPhone

iPhone版を紹介する前にPC版について少し説明します。

<PCのTwitterクライアント>
MacにはTweetieなどの良さげなクライアントがあるのですが、残念ながらWindowsには対応していません。そこでWindowsでも使える優れたクライアントとしてTweetDeck(サイトにジャンプします)があります。ちなみにMacでも使えます。

このPC用のクライアントはTweetDeckのアカウントを作成すればiPhoneと同期する事もできます。PCとiPhoneで、できるだけ操作性を同じにするよう考えられています。

PC用の設定方法はこちらを→
  もっと評価されてしかるべき Twitter クライアント: TweetDeck | Lifehacking.jp
設定時のTips1
PCにインストールした直後はTimeLineに日本語が表示されません。画面右上のカニマークのような"Settings"アイコンを選択して、"Colors/Font"タブの"InternationalFont/TwitterKey"の左側をマークしてSAVEすればちゃんと表示されます。
設定時のTips2
同期するためのTweetDeckアカウント作成は、私の場合PCではできませんでした。iPhoneからは問題なく作成できたのですが原因は不明です。


<iPhoneのTweetDeckについて>
最初使用した時に「無料でこんなに優れたアプリがあったのか!」と驚きました。後に動作が安定していない等、色々と問題がある事がわかってきたのですが、通常のTL/グルーブのTL/Mentions/DM、それぞれの画面への移動方法は画期的です。フリックでページをめくるようにスムーズに行き来する事ができます。無料なので皆さん一度試されてはどうでしょうか。

それでは本題であるTweetDeck for iPhoneのグルーブ機能について紹介します。


【グループ作成時のFriend追加方法】
[,]

起動して画面下中央にある"Add Colums"を選択して遷移したのが左の写真になります。ここで"Group Name"を入力し、"Select User"を選択して遷移したのが右の写真になります。
※Friendsの一覧画面はユーザー名ではなく本名で表示されます。普段TLにユーザー名を表示させていると、誰が誰だか分からないです。

【Profile画面からのFriend追加方法】
[,]
左の写真(画面はMentionsですがTLでも同じです)でアイコンを選択後、再度アイコンを選択すると右写真のProfile画面に遷移します。そこで"Add to : グループ名"を選択すれば追加できます。

各アプリのTL(グループ)画面

■Twittelator Pro

特徴: 画面では分かりづらいですが、通常のTLと同様に最も古い未読が表示され上に読み進めて行きます。グループの場合は若干動作が不安定で、数日前の既読から表示される事がありますが、"Subgroups" → "グループ名"と選択し、通信中にスクロール等の操作をせず待ったほうが安定しているように思います。いずれにせよアップデートによる安定を望みます。


■Simply Tweet

特徴: これまた画面では分かりづらいのですが、通常のTLは最も古い未読が表示され上へ読み進めて行くのに、グループの場合は一番上に最新未読が表示され下へ読み進めて行く事になります。


■TweetDeck for iPhone

特徴: 通常のTLもグループのTLも、Simply Tweetのグループと同様、一番上に最新未読が表示され下へ読み進めて行きます。最初は違和感があったのですが、慣れると特に気にならなくなりました。尚、TLに@i_himikoさんしかいませんが、これはTweetDeckの読み込み数制限が影響しています。

まとめ

Twittelator Pro

    • 通常のTLと同じように未読の古い順から読める。

Simply Tweet

    • Friend選択画面はアイコン付きで見やすい。
    • 通常のTLとは違いグループのTLだと、最新未読から下に読み進めて行くので一貫性がない。

TweetDeck for iPhone

    • 読み込む未読数に制限があり、少し前の未読すら表示できない事がある。


結論
もともとファンだという事を差し引いても総合的にTwittelator Proが私には一番です。

TLの流れと同様にグループでもOldest to Newestで読めるのが決め手でした(若干不安定ですが)。アンダーバーのグループアイコンにも未読数バッジが付けば最高です。

また、TwittelatorにはMuteという機能もあります。FollowしつつTLには表示しないという事ができますw 私の知る限りではTwittelator以外にこの機能はありません。

TwitterをTwittelatorで始めて、少し浮気してまた戻ったわけですが、はたしてこれを超えるアプリは出てくるのでしょうか? 今後のTwitterアプリ対決が楽しみです。

ちなみに、SimplyTweetはPushのために、TweetDeckはアプデに期待するために、ホーム画面2ページ目以降に待機してもらってます。


最後に、Followerの方々へ。
  いつも私のTLを楽しませて頂き本当にありがとうございます。

余談

■Twitter Lists
Twitterが近々公式に"Lists"と呼ばれるグループ機能に対応するようです。そうなると各アプリがどう動くのか。既存のグループ機能を貫くのか、Listsに沿った修正を加えるのか、今後が楽しみです。
 つぶやきを目的別に表示:Twitter、フォロー先をグループ別にまとめる「Lists」機能を発表 - ITmedia エンタープライズ

■Tweetie2
先日発売されたTweetie2ですが、Reply作成時に元の文章を参照できるのは私の知る限りTwitterrific以外になかったのではないでしょうか。また、appbankさんも言ってましたが下フリックでリロードした際の「シュボッ」って音はかなり気持ちいいです。グループ機能がない、日本語入力にバグがある、と少々問題がありますが、アプデに期待したいアプリです。


それではまた。 Twitter:@RyoAnna