テクストへの想い

どのようなテクストもさまざまな引用のモザイクとして形成され、テクストはすべて、もうひとつの別なテクストの吸収と変形にほかならない。
ジュリア・クリステヴァ


十数年前の学生時代、図書館にこもり本を読みあさっていた事があった。

柄谷行人、浅田彰、ジャック・デリダ、ドゥルーズ−ガタリ、フーコーといった人たちの本だ。一般的には哲学者と呼ばれている人たちで、そこでテクスト、ディコンストラクション、構造主義、リゾーム、スキゾ、そして「引用」といったキーワードに出会った。

昔も今もそれらの意味はほとんど理解できていないが、今にして思えば私の言葉はその時に形成されたのだと思う。


今回は私が手段としてのiPhoneで何をしたいのか語りたいと思う。興味がなくてもとりあえずはInstapaperなりEvernoteなりに放り込んで頂けるとうれしい。そして、いつか「引用」というキーワードについて思い出す事があったら、それらのツールで検索をかけてみて欲しい。(今はまだInstapaperによる全文検索はできないが)


冒頭の引用が全てを物語っている。

あなたのそして私の記事に、オリジナルな要素がどれだけあるのか客観的に見て欲しい。オリジナルなど殆ど存在しない事に気づくだろう。Twitterで言えばRTにRTを重ねている。Blogで言えばリンクにリンクを重ねているだけだという事実に驚くはずだ。

これは上にあげた哲学者や優れたブロガー、そして私のような個人的に記事を書いている人、全てに当てはまる事実である。引用に引用を重ねているだけなのだ。そして、優れた人たちは引き出しが多いため、すばらしい引用のオマージュを形成する事ができる。その引き出しの多くは海外のサイトにある事が多い。


それでは、何故私は記事を書くのか。
それは引用と引用を紡ぎ合わせる事により、オリジナルが生まれるのではないかと期待しているからだ。
例えばTwitterのRT。感想も添える事ができるが、基本的には元の呟きに対してRTを付加するだけのものである。そしてRTには「私はこの記事が好きだ」という意味が含まれている。
ブログのリンクも同じで、リンクするだけで「私はこの記事が好きだ」という意味を含む。(両者とも批判的な感想を添える事も可能だが、裏を返せば好きなのだと思う。)
そしてリンクとリンク、RTとRTの行間にオリジナルを生み出すために、人と言葉を無数に紡ぎ合わせテクストを形成しようしているのである。

hitoxu: RT @kogure: RT @maruyama097: 世界のWikipediaの情報を全部集めても、1テラバイトにはならないらしい。秋葉原で一万円も出せば、人類の知識のアウトラインに必要な容れ物は手に入るということ。言語+文字の情報圧縮能力は、とてつもないものだ。twitter.com
@hitoxu


ここで、私が"ひとぅさん"のこの呟きをiPhone単体で引用するのに要した工数を比較したい。

Instapaper:Instapaperアプリ起動→記事がない事に気づく(保存の仕様が不明)→SafariでWeb版Instapaperを開く→Archiveを3ページ進める→ブックマークレットで「wiki」を検索しヒット(合計120秒)

Evernote:Evernoteアプリ起動→Syncを待つ→「wiki」を検索しヒット(合計40秒)


圧倒的にEvernoteだ。ただし、3G & 3Gの環境ではスピードを重視するため、画像や装飾を排してtextだけで保存する必要がある。そしてInstapaperは公式でも語っている通り、ストレージとしては保障されていない。だから私はInstapaper(text)からEvernoteへの、効率の良い連携に思いを馳せているのである。(Evernoteもストレージとして保障されている訳ではないので厳密に言えばローカルに保存する必要がある)


尚、今回の記事は出先でiPhoneを使って書いた。WriteRoomで原稿を下書き・推敲し、Safariで冒頭の引用文を探し、Safariで辞書を引き、InstapaperとEvernoteでひとぅさんの呟きを検索し、はてなtouchで投稿しようとしたが引用記法がわからず挫折してPCから投稿した。
とにもかくにもiPhoneは素晴らしい。


追伸
引用したひとぅさんのRTをもう一度読んで欲しい。ひとぅさんの呟きのオリジナルはいったいどこにあるのだろうか? @maruyama097さんの呟きはどこから引用したのだろうか?

余談

Tips! 13 iPhoneのGoogleReaderから1タップでEvernoteへスクラップする方法
 今回からTipsに連番をつけることにしましたw

  1. Lifehack by My iPhone! - #RyoAnnaBlogの "Tips5! TwitterからEvernoteにスクラップする" を参照しTwitterとEvernoteを結合する。
  2. hiroさんの記事<2009-10-24 - 普通のサラリーマンのiPhone日記>の "Reader2Twitter(Webサービス)" の項を参照して下さい。
  3. Reader2TwitterのTweet Format(optional)の書式に "D myEN {title} {url}"と入力し、Sync All Share にチェックを入れる。

これだけです。MobileRSSならアンダーバーの共有ボタンを押すだけで、TwitterからDMでmyENに呟き、タイトルとリンクがスクラップされます。ただし、Evernote側でリンクを開く必要があるので、時間に余裕のある人向けですw
iPhoneでEvernoteに本文付きでスクラップするのであれば、今のところRSS Flash gでEvernoteにメールするのがベストだと思います。RSS Flash gはデフォルトのメール送信先も指定できて本文も付加できるという、大変きめの細かい設定が可能なアプリです。