Lifehack! vol.2 about Instapaper, Evernote, iPhoneBBS and Twitter

本当は "From Instapaper to Evernote!"というタイトルで書く予定だったのですが、半ば挫折気味なので変更しましたw

今回はタイトルにもあるように、下記のTipsについて紹介します。(リンクをクリックするとページ内の該当Tipsへジャンプします)

Tips14! From Instapaper to Evernote 半自動全文保存

まずはInstapaperとEvernoteについて、私の用途をまとめます。

Instapaper

"Read Later" つまり「後から読む」ためのアプリです。"Unread"というディレクトリがあり未読・既読の管理が可能です。また本文から画像を排し、テキストだけで読むことができるので表示が高速です。ただし検索はWebページ内のタイトルぐらいしかできません。また、ブックマーク的な要素があるので、ストレージとしては保証されていません。

This is for temporary storage of links you’d like to read. It’s great for that ― please use it for its purpose. Always back up any data that’s important to you.
From Instapaper FAQ

「消えても文句は言わないでね」という事です。


Evernote

Instapaperとは違い既読・未読の管理にはあまり適していませんが、ストックしたデータを検索する際に大きな効果を発揮します。andによる全文検索が可能なため(複数のキーワードの間にスペースを入れる事により、全てのキーワードを含んだスクラップだけが検索結果として表示される)、強力なデータベースとなります。

ただし、Evernoteもデータは「保証しない」と公式サイトで語っています。気になる方は何らかの手段でバックアップをとるべきでしょう。私の場合はデータが消えたとしても特に問題ないと思っています。その時は確かにショックを受けると思いますが、Google検索で頑張れば大抵の情報は拾えます。

ではなぜEvernoteを利用するのか?

それは、Evernoteには自分の目を通した情報が残されているので、精度の高い検索結果が得られるからです。「どこかにヒントがあったはず」「あれなんだっけ」と思った時、Googleだと検索結果を何ページも確認してようやく目的に辿り着く事がありますが、Evernoteの場合は保存されているデータが「自分の記憶」なので素早く探し出す事ができます。ちなみに私の保存データはテキストがメインです。

そんな利点があるEvernoteも、スクラップするデータを選り好みしていたら、記憶を頼りに検索した際にあまり効果を発揮しません。

そこで、全てのインプットが集まるInstapaperの記事全文を、Evernoteに自動ストックできないかと考えました。それが以下の方法です。

  1. Instapaperで記事を読んだらスターを付ける
  2. InstapaperのスターのRSSFeedをまるごとRSSに通す(スターのFeedはWeb版Instapaperのページ下部でURLが分かります)
  3. Mailpiaで2のRSSFeedを登録して自動取得する
  4. MailpiaからEvernote(incoming email address)に自動送信する


これでEvernoteが外部記憶装置になります。

<追記> 手順が分かりづらかったので補足しますw 2.3.4が下準備で、1が習慣的に行う事です。3でMailpiaに登録するFeedは、スターをまるごとRSSに通したFeedになります。Instapaperのアカウントでパスワードを設定していると、スターやUnreadのFeedを取得できないはずです(パスワードを設定しないと簡単にログインできてしまう為、心配な方はアカウント名を工夫する事をおすすめします)。


Evernoteには以下のようにログとしてスクラップされます。
[  ]

InstapaperはスターではなくUnreadでもRSSFeedを取得する事が可能です。UnreadをまるごとRSSに通せば「全自動全文保存」ができると思ったのですが取りこぼしがありました。おそらくInstapaper側でArchiveに移したタイミングと、Feed取得のタイミングの問題だと思うのですが定かではありません。

また、Twitter→FriendFeed→Maipia→Evernoteとする事により、Twitterにおける自分の呟きを、全文検索可能なログとして残す事ができます。スクラップが混乱するので私はテストだけしてやめましたが。


しかし、この半自動全文保存には欠点がいくつかあります。

複数の記事が1つのスクラップとして保存される
上の写真のように、スクラップされたタイトルは「更新通知〜」のようになり、「〜」の部分はMailpiaで設定したタイトル(例えばInstapaper Starred)になります。スクラップ内に記事タイトルも保存されているのでand検索を使用すればヒット率は良いのですが、やはり記事ごとにタイトル付きでスクラップされていた方が、検索後も直感的に見つけ出す事ができます。

RSSFeedをうまく取得できない事がある
Twitterで「まるごとRSSが機能しない」という内容を呟いた時にサイト運営者である@dokodaさんにお声を掛けて頂いて、機能するように対応して頂けました(感謝です!)。
ただ、やはり配信のタイムラグがあり、まるごとRSS、Mailpia、Instapaper Starredのどこに問題があるのかは切り分けできませんでした。
今回、Instapaper Starred(RSS)、Instapaper Starred→FriendFeed(atom)、Instapaper Starred→FriendFeed→FeedBurner(xml?)の3Feedを全てまるごとRSSに通して検証したのですが、精度は殆ど変わらなかったので、一番スマートなInstapaper Starred(RSS)をまるごとRSSに通したものをスクラップする事にしました。

【参考リンク】

Tips15! InstapaperからEvernoteへ最少工数でメールスクラップする方法......のアドバイス募集

  1. Evernoteに転送するためのメールアドレス(GmailやYahoo等)を取得
  2. 1のアドレスをEvernoteに転送するよう設定する
  3. iPhoneのメール設定で「常にBccに自分を含める→ON、デフォルトアカウント→1のアドレス」とする


これによりInstapaperでテキスト上部をタップして全文選択し、Share→Mailと選択した時に、Toに宛先を入力しなくてもSendをタップするだけでEvernoteに自動転送される。

と、うまく行くはずだったのですが、色々と罠にはまりましたw

とにかく私は面倒な事が嫌いなので、効率よくEvernoteにスクラップしたいと思いこの方法を思いつきました(効率を求めるために随分面倒な事をしているのですがw)。
RSS Flash gならToの宛先をデフォルトで設定できるので便利なのですが、先に述べた通り、まずは全てInstapaperに落しているので何か方法を考える必要がありました。

そこで上記の方法を思いついた後に次のような問題が発覚したのです。


Gmailは自分から自分に送信した場合、受信と見なされず転送されない
@mgurungさんと@AkirasDaddyさんに教えてもらい、アドレスをa+1@gmail.comとして、エイリアスへの送信も試したのですがうまく行きませんでした。

Yahooの無料アカウントは「転送」か「POP」かどちらかのサービスしか選べない
「POP」とはYahooメールのアカウントをiPhoneのメーラーに設定するための仕様です。そもそもiPhoneのメーラーにアカウント登録できなければ「常に自分をBccに含める」事ができません。

EvernoteのデータをiPhoneにIMAPとして取り込んでも送信できない
@hiro45jpさんの呟きを見て、<Sorry, that page wasn’t found | Evernote>を参照してIMAPとしてiPhoneに取り込み、メール送信時のデフォルトアカウントとして設定したのですが、smtpをGmailで登録しても送信すらされませんでした。


完全に挫折です。軽くへこみましたw どなたかアドバイスを頂けると助かります。


下の写真はiPhoneの設定とInstapaperの全文選択イメージです。右のイメージがInstapaperですが、画面上部の白と黒の背景の境界あたりを長押しすると全文選択が可能です。

[  ]

Tips16! iPhoneBBSアプリを起動せずに新着投稿をチェックする方法

何を隠そう、私のTwitter初投稿はiPhoneBBSなのです(多分)。ちなみにこちら。

iPhoneのSafariから投稿したせいか"Twitter"が全角全小文字になっていて恥ずかしいのですが、削除せず記念に残してありますw

iPhoneBBSのアプリが出た時は大変喜んだのですが、通勤片道20分、帰宅すると小さい子供がいるという環境なので、NetNewsWireとTweetieを起動するのがせいいっぱいで、iPhoneBBSを起動する時間がありません。

そこで思いついたのが以下の方法。

  1. iPhoneBBSのWeb版でスレッドのRSSFeedのURLを確認する
  2. FriendFeedに1を登録してTwitterで呟かせる


これでTwitterアプリのTLで新着投稿をチェックできます。ただし、TLの中ではスレッドのタイトルは表示されないので、あまり多くのスレッドを登録すると混乱しますw
また、他の利点は普段自分のTLに現れる事のない方が呟くので新鮮味があります。

尚、FriendFeedへの登録方法は<ブログの更新情報は『Friendfeed』で流すことにした | IDEA*IDEA>を参照して下さい。FriendFeedは確か@kuracyanさんと@rtplanningさんに教えて頂いた。


Tips17! Twitterは間が大事

Twitterを始めた当初は特定の相手への呟きがスルーされると軽くショックだったのですが、最近は全く気にならなくなりました。それでも特定の相手に呟いた時にMentionで届かずスルーされるのは避けたいですよね。Twitterの呟きには色々な文法があるようなのでまとめました。


@ユーザー名の前後のスペース(間)に注意する。

例えば文頭に@RyoAnnaを付けた場合、Mentionとして相手に送るためにはユーザー名の後にスペースが必要です。また、文中に@RyoAnnaを付けた場合は、ユーザー名の前後にスペースが必要です。
これを守らないと、相手のTLには表示されますが、Mentionとしては届きません。
さらに、RTを良く見るとわかるのですが、ユーザー名のあとにスペースなしで":"がついています。ユーザー名の後にスペースがなくても、":"の場合はMentionで届きます。<具体例>

  • テスト@RyoAnnaテスト →スペースがないのでMentionでは届かない。
  • テスト @RyoAnna:テスト →前にスペースがあり、後ろは":"なのでMentonとして届く。":"の代わりにスペースでも可。


特定の相手へのReplyを全フォロワーに見て頂くには
@m0r1さん、@ttachiさん、@matubizさん(最近奥様もTwitterは始められたw)に教えて頂いたTipsです。

Aさん、Bさん、Cさんがいたとして、それぞれの関係は以下とします。⇔は相互フォローを意味します。

  Aさん⇔Bさん  Bさん⇔Cさん  AさんとCさんはFriendではない

自分をAさんとして、呟きをチェックしたい相手をBさんとすると分かりやすいです。

通常はBさんが「@Cさん」でReplyした場合、Aさん(自分)のTLにBさんのその呟きは現れません。
しかし、BさんがCさんにReplyする時に「.@Cさん」とすると、Bさんのその呟きがAさん(自分)のTLに現れます。「.」はドットじゃなくてもスペース以外だったらどんな文字でも大丈夫かと思います。

<追記> @takamiiさんにご協力頂き判明した事があるので補足します。「@の前のドット」ですが、Cさんの呟きに対してBさんがReply(in_reply_to)でドットを付けた場合は、CさんにMentionで届きますが、AさんのTLには表示されません。新規投稿、もしくはRTでユーザー名以外を消してドットを付ける必要があります。また、@の前はスペース以外なら何でも良いとい訳ではありませんでした。実験したところ「.」「+」ならCさんにMeniotnとして届きますが、「アルファベット」「数字」「2バイト文字」の場合はCさんにMentionとして届きません。まとめると、全フォロワーのTLに表示させ、且つ特定の相手にMentionとして届かせたい場合、新規投稿もしくはRTでユーザー名以外を消し、@の前につけるのはドットが無難です。(@〜が文頭にある場合の話しです。文中にある場合は違う法則があるかもしれません)


今回のTipsで紹介させて頂いた通り、最近は多くの情報をTwitterで得られるようになりました。皆さん本当にありがとうございます。

それではまた次回をお楽しみに。


Next Article will be "NetNewsWire Still Alive!" or "about iPhone Diary of Normal Businessman!"