たまにはTwitterで自己分析なんてどうでしょうか?

Twitterを楽しむためにはナルシストになれ。そうすれば優れたブロガーにもなれる。

名言です。


私がTwitterを始めて面白いと感じるようになったのは、自分の呟きがスルーされるのを気にしなくなった時でした。それまでは「トイレなう」と呟いて誰からも反応が無かったらいちいち落胆していたのですが、いつからか自己顕示欲の塊のように呟きを連発し出しました。空振りを恐れずとにかくバットを振るようになったのです。打率1割のヒットを大切にし、残り9割の空振りを反省せず、振る事に意義を見出せた時にTwitterは面白くなるのだと思います。

そして皆さん、Mentionという目に見えるヒットの合間に、自分でも気づいていないファールチップがある事を知ってましたか? 今回はファールチップのような「実は見られていた呟き」について確認できるサービスを紹介したいと思います。

たまには自己分析なんてどうでしょうか?

ふぁぼったー

これは有名ですね。おそらくTwitterをやっている方はご存知だと思いますが、自分の呟きが「ふぁぼられ」た事も分かります。
またTweetieを使っている方はアプリ内でチェックできる「Favstar.fm」という便利なサービスもあります。WebサービスもあるのでTweetie以外の方も試してみてはどうでしょうか。

Retweeter

この記事を書いている時に知りました。「ReTweet数×Follower数で発言の影響力をランキング」できるようです。おそらく正確ではないと思いますが、自分の呟きがRetweetされた回数もわかります(〇〇viewの意味はよくわかりません)。
似たようなサービスがTwittelatorにもありますが、試したところロードがいつまでたっても終わらないので今は諦めてます。

bit.ly

アカウントを登録すれば自分の呟いたURLがどれだけクリックされたか分かります。ただし、TwitterアプリやRSS Readerアプリによってはtinyurlを利用している事もあるので厳密に確認できる訳ではありません。また、APIキーを登録して呟いた時だけクリック数に反映するのか私は良く分かっていません。

TweetEffect

どの発言でFollower数が増えて、どの発言で減ったのか分かるようです。Followerの中にはスパムも含まれているので「-10」とかになっても落胆しないほうが良いですねw


【参考リンク】 Twitter関連ツール・まとめ - かちびと.net

最後に

どうしても断っておきたい事があるのですが、私は野球よりサッカーが好きです。

それではまた次回をお楽しみに。(ところで冒頭の迷言は誰のものか分かりましたか?w)

<この記事をRetweet!>
↑ いきなりRetweetされる事はありません。Twitterのホーム画面が表示され感想も入力できます。

<この記事をはてブ&Retweet!>
↑ 事前に"はてブ"とTwitterの連携設定が必要です。