I meet @hiro45jp

私は2009年10月にネット上でhiroさんと出会い、2009年11月27日、とうとう現実でも会う事ができた。今回は数日前から当日までの一部始終を語りたい。客観的に書いたので尊敬するhiroさんをあえて「彼」と呼んでいる。気を悪くされないか心配だが、できれば一つの物語として読んで頂けると嬉しい。


◆11月25日(水)
20:00
私が嫁に「そういえば今週の金曜夕方から飲みに行く」と言ったところ「夕方からって誰と飲みに行くのよ」と問われた。私は1分ほど考えた末に観念して「ブログで知り合った人と飲む」と答えた。すると予想通り彼女は反発した「何それ怪しい!」。それもそのはずだ。ネット上で活動をしてない彼女にとっては、このような形で人と会うのは「出会い系」と同じなのだ。

私が「普通のサラリーマンと会うんだよ」と本当の事を伝えると彼女はこう切り返した「自分で普通なんて言う人に限って怪しいのよ!」。私は "確かにそうかも" と思いつつ切り札を出した。事前に入手していた本人の顔写真だ。しかし彼女はそっぽを向いて見ようともしない。私は最後に「いい人なんだけどなぁ」と呟いてその場は諦める事にした。その日彼女は眠りにつくまで不機嫌だったが、翌日になると何事もなかったかのように普通だった。


◆11月27日(金)
14:00
いよいよ当日だ。私は出かける準備を始めた。そして徐々にドキドキしていく自分に気づく。何年かぶりに味わう感覚だ。そう、まるでデート前の緊張だ。


15:00
家を出る。電車の中でいつものようにRSS Readerで記事を読みながら感想を呟く。ルーチンワークなのだが、いつもと様子が違う。そわそわした感じがあった。


16:00
名古屋駅の改札付近にある「銀の時計」で、とうとう彼と対面する。一瞬緊張したがすぐに和らいだ。彼はスーツを来た普通のサラリーマンだったからだ。ただし普通ではない熱さを持ったサラリーマンだった。それはすぐに分かった。


16:30
スパイラルタワーズという一風変わったビルのCafeに入る。彼は私に茶色い粒の薬をすすめた。二日酔いにならないらしい。あやしいと思いつつ飲んだ。

ビールを飲みながら互いに喋る。本職の名刺と、foryouincさんに作ってもらったというネット活動用の名刺も頂く。ネット活動での部署名は「営業部」だ。これは本人が希望したらしい。サラリーマンといえば営業だという理由からだそうだ。同じくforyouincさんに作ってもらったというdonpyさんの名刺も見せて頂いた。その名刺には訳あって一つの穴があいていた。

Wordpressなどの事について多くのアドバイスを頂いた。Similar Postsについて熱く語るのが印象的だった。彼の記事を読んでいて自分の記事にも取り入れたいと思っていたプラグインだった。私も年末年始の休みを利用して移行の準備ができればと思う。

また、彼のiPhoneのホーム画面を見せてもらった。

ベータアプリが4つもホーム画面1ページ目にあった。彼のiPhoneへの熱い思いが伝わってきた瞬間だ。私は時間がないという理由をいい事にベータテストに殆ど関わっていない。だがデベロッパーの方々と関わりをもつ事と、日本製アプリの発展にとってベータテスタとしの活動は重要だ。今後は積極的に参加できればと思う。


18:00
Cafeを出て、そこから近いひつまぶしの店「うな善」に入る。一週間前に予約した時点で個室とテーブルは満席。なんとかカウンターをとれた人気店だ。前の日にiPhoneユーザである同僚にこの店の事を話したら、アプリ"ぐるなび"でオンラインクーポンを探し出してくれた。画面を見せるだけで割り引きが適用される。こんなところでもiPhoneが役に立つ。

会話の途中、録音もした。

…(なちこ殿、すまぬw)

この会話の後、TwitterのListをRSSリーダーとして使う事について話した。そして突然彼が叫ぶ。「ひらめいた!」 何か思いついたらしい。そんな彼が可愛く思えた。

彼は私のブログがこの先伸びるとも言ってくれた。お世辞だったとしても本当に嬉しかった。私がブログを続けていられるのは彼のこの様な優しさと、皆さんのコメントとRetweetのおかげだ。

この店には一度来た事があった。名古屋独特のお茶をかけたうなぎが非常に美味しかったのだが、今回残念ながら味は覚えていない。会話に夢中だったからだ。

私は日頃の感謝の意を込めて、彼にひつまぶしをご馳走した。次回彼に最高級ステーキをご馳走になるための布石でもある。


20:00
「うな善」を出てCafeに入りコーヒーを飲む。彼がご馳走してくれた。ここまで来るとリラックスしていた。今思うとリラックスしすぎて壁にもたれかかっていた記憶がある。少々失礼だったかもしれない。

彼のブログやTwitterに対するスタンスも聞く事ができた。普段ネット上では話せない内容を聞けるのは、現実で会った時の大きな利点だ。


21:30
新幹線の改札で彼を見送り、私はいつもの電車に乗る。途中iPhoneの電池が切れると同時に緊張の糸も切れた。

駅に着き家に帰るまでの間に軽い頭痛を感じた。あの薬は私には効かなかったようだ。そしてふと思い出す。会話に夢中で"ぐるなびクーポン"を使い忘れた事を。


最後に
今回hiroさんが時間を作ってくれた事を本当に嬉しく思います。私にとっては一生忘れる事のできない一日となり、またネット活動の新たな出発点となる一日になりました。
多謝!

<追記> hiroさんも記事を書いてくれた→ RyoAnnaさんと名古屋で会う! | 普通のサラリーマンのiPhone日記 感謝!!


<この記事をはてブ&Retweet!>
<この記事をRetweet!>
↑ いきなりRetweetされる事はありません。Twitterのホーム画面が表示され感想も入力できます。