iPhoneの壁紙でもTwitterを!! - 時計と共にTweetを眺めるアプリ"TweetDesk"


Twitter面白いですね。これほど簡単に情報を集配信できて、これほど気軽に人と会話できるSNSが今まであったのでしょうか? そんな便利なTwitterですが、iPhoneをDockに置いたままTweetを楽しめるアプリがありました。それがこちらのアプリ。

TweetDesk(無料)TweetDesk



アプリの画面をGIFアニメーションで紹介します。

このGIFアニメーションはiPhoneだけで作成しました。あるネイティブアプリとWEBアプリを利用しています。次回の記事で作成方法を紹介する予定です。

TweetDeskの画面が切り替わるスピードはこのGIFアニメーションほど速くありません。実際は10秒から2分の間で画面切り替えのタイミングが設定できるので、仕事中やPCで作業している時にDockに置いて表示させると面白いかもしれませんね。仕事が手に付かなくなるのは確実ですがw

[ ]

TweetDeskを起動すると、自分がフォローしている方のTweetを表示するか、あらかじめ用意された情報発信アカウントのTweetを表示するか選択できます。情報系は海外のアカウントしか選べないのが残念ですが、NewYorkTimesやSoccer、Art情報のアカウントもあるので、思わぬニュースを発見できるかも知れませんね。

[ ]

画面に表示されるTweetをダブルタップするとスター(Favorite)を付ける事ができます。また、Tweet内の黄色い>>を選択する事により内蔵ブラウザでリンク先の内容を確認する事ができます。Tweet内のユーザー名を選択すればTwitterの公式ページが表示され、そのままフォローする事も可能です。

[ ]

TweetDeskで設定できる項目は以下の画面の内容になります。アプリ内に設定の項目はないので、iPhoneデフォルトの設定からTweetDeskを選択して設定します。

Refresh Tweets Every

通常のTwitterで言うところの「タイムライン」の更新時間を設定します

Play Each Tweet For

画面に表示されるTweetの更新時間を設定します

Reverse The Timeline

ロードしたTweetを過去→現在の順番で表示するか、現在→過去の順番で表示するか設定します

Disable Deep Sleep

画面のスリープをTweetDeskを使用している時だけ解除する事ができます


私がコピーライターだったらTweetDeskのキャッチコピーはこうします。

bold;">TweetDeskは、あなたにとってTwitter病の危険性を高めます:

それではまた次回をお楽しみに。


<この記事をはてブ&Retweet!>
<この記事をRetweet!>
↑ いきなりRetweetされる事はありません。Twitterのホーム画面が表示され感想も入力できます。