Weekly RyoAnna News 2010 Jan 13 ~ vol.1







Say goodbye to paper


今回のWeekly Newsは2回に分けて書きます。

昨日の記事でiPadのフリック入力について書きましたが、iPadをメインとして使う上でもう1つ気になっている事があります。それは写真アルバムの位置付けです。iPhoneのSafariでTumblrなどのWEBサービスを使っていると、写真アルバムにアクセスして画像を投稿する事ができず、歯がゆい思いをする事があります。ブログの記事を書く時もiPhoneのSafariで引用元の画像を写真アルバムに保存して、そのままSafariでHatenaダイアリーにアップロードできると便利です。iPadのiWorkやメールアプリのデモを見ているとiPhoneとは仕様が違うようなので、PCのローカルフォルダのように写真アルバムにアクセスする事ができそうな気もするのですが。

IPAD

◆用紙から電紙へ

上の2つのリンクは、冒頭の画像で紹介した「電子ペーパー黒板」に関する記事と、そのオフィシャルサイトです。これアマゾンで30ドルらしいです。電力を用いない使いきりタイプの電子ペーパーだから安いとの事ですが、オフィシャルサイトを見る限り5万回は繰り返し書けるそうです。現在Amazonでも品切れ中との事。日本でも入手できるようになると良いですね。下の2つのリンクはiPadアプリ「i書道」に関する記事。iPhoneにも同じようなアプリはありますが、画面が小さいのでお遊び程度ですよね。これがiPadだと本格的なアプリになるはずです。着々と用紙から電紙へと移行が進んでますね。

◆iPadの「大辞林」と「ウィズダム英和・和英辞典」に期待

iPadはシングルタスクですが、アプリの起動が速ければ大辞林やウィズダムの使い勝手も良いと思います。テキストエディターやSafariを利用していて辞書を引きたい時に、一旦アプリを終了して大辞林で調べてまた戻る。これが全てのiPadアプリでiPhoneの豊平文庫のように自動化できれば最高です。AppBankさんのPodcastは興味があるのですが聴いてません。文章なら冒頭だけで続きを読む価値があるか判断できて、さらに文中、文末まで流し読みする事もできるのですが、音声はどこが核心なのか全く分からないので早送りができないのです。AppBankさんのインタビュー系Podcastは興味をそそられるものばかりなので、できれば文章で要約して頂けると助かります。

TECHNOROGY

◆3Dメガネならぬ3Dコンタクトを

このリンクは特にオシャレだとは思わないメガネが紹介されているのですが、文末に3Dメガネについて触れられています。映画アバターで着目されている3Dメガネですが、3Dコンタクトなんてあると面白いですよね。赤と青だと普段の生活に支障をきたすので色は透明で。装着している事をあまり意識させない3Dコンタクト。街のいたるところに3D映像が仕込んであったら、出掛けるのも楽しくなりますね。

TWITTER

◆ヴィレッジヴァンガードのTwitterアカウント発見

私の好きな本屋ヴィレッジヴァンガードのTwitterアカウントを発見しました。実は以前ヴィレッジヴァンガードに就職しようとした事があります。手書きポップでの本の売り方に共感していたからです。CDショップもHMVやヴァージンなどよりは、手書きポップの多いタワーレコードが好きです。例えばこの画像。これが綺麗なフォントで印刷されていても面白さ半減ですよね。人間が書いた字というのはその人の特徴を表すので温かみがあります。で、就職しようとしてどうしたか。めでたく採用の連絡をもらったのですが、当時愛知に住んでいたのにも関わらず突然「給料安いけど小田原へ行け」と言われて辞退しちゃいました。


◆Twitterの予約投稿でタスク管理なんてどうでしょうか

このリンク先のサービスは指定した時間にTwitterで投稿できるとの事です。確かHootsuitのiPhoneアプリ版も同じような事ができたと思うのですが、これを使って自分のタスク管理なんてどうでしょうか。「〇〇時に電話」「〇〇時にテレビ」とかを自分宛てにMentionで届くように予約投稿しておけば、iPhoneのプッシュ通知でアラートが出ますよね。メインアカウントでやるのはあまりお薦めしません。「何だこいつ」と思われてアンフォローされちゃいます。ちなみに私はタスク管理が好きではないのでやりません。

◆首相、手当たりしだいフォローするよりMentionに耳を傾けて下さい

前にも書きましたが、Twitterで何千人何万人もフォローするというのは全く意味がありません。フォローするのは側近だけにして、少しでも良いのでMentionに耳を傾けて下さい。おそらく首相のアカウントのMentionは数が膨大になっていると思いますが、今気になっているキーワードでMentionに対して検索をかければ、より良い政治のヒントとなる声が聴けるかもしれませんよ。

iPhone

◆絵文字にデコメ、日本発の文化を世界へ

何を思ったか、上のリンク先にあるiPhoneアプリを購入しました。デコメの素材を作って、それをコピーしてTwitterで投稿できないかなと考えたのです。実際にやってみるとアニメーション文字はコピーできませんでした。下のリンクは「日本の絵文字」vs「世界標準規格」という図式で紆余曲折が書かれています。いろんな苦労があるのですね。

OHTERS

◆ダダ漏れ

「ダダ漏れ」という言葉の起源は小鳥ピヨピヨさん記事だったんですね。この言葉に若干のエロを感じるのは私だけでしょうか。この言葉は女子が使うからこそ意義があります。私がダダ漏れしても気持ち悪いですよね。

◆東京カレー日記

前回のWeekly Newsで取り上げた<ASCII.jp:Twitterはコミュニケーション革命なんかじゃない (1/3)>ですが、作者の遠藤諭さんが同じアスキー内で「東京カレー日記」というブログを書いている事を知りました。読んでみるとやっぱり面白い。「TwitterやるならAndroid説」、「グーグルの検索結果画面が変わる」など、興味がそそられる記事ばかりです。AndroidのTwitterアプリは便利そうですね。画像を見ると分かりますが、一番上のバーが何となく日本の携帯を彷彿とさせます... 他にも「Twitterの140文字とGoogle検索結果のスニペット(断片)の関連」など、読んでいてとても刺激的な内容ばかりです。


◆リーマン予想

まだ4分の1しか見てないのですが、リーマン予想とは何か、素数とは何か、私のような素人にも分かりやすく解説されている映像です。リーマン予想が解決すれば素数の謎が解ける。素数とは1とその数自身以外で割る事のできない1より大きな自然数の事です。2, 3, 5, 7, 11, 13, 17, 19, 23, 29, 31... 延々と続くのですが、素数が出現するタイミングに規則性がないようです。この規則性が解明されれば宇宙の原理も分かるとの事。ロマンティックですね。

◆カラパイア

最近になってこのサイトを知ったのですが、とても面白いですね。三面記事的な内容が多いのですが、示唆に富んだ記事もあります。例えば<英語版グーグルが教えてくれた「何で日本はそんなに・・・なの?」その他5カ国 : カラパイア>とか、<世界各国別人類進化図 : カラパイア>とか... 私が勝手に奥が深いと勘違いしているだけかもしれませんが。ちなみにこの2つの記事のURL。カラパイヤから直接探そうと思ったのですが見つからずEvernoteで探しました。この記事についてTwitterで会話した相手のユーザー名を憶えていたので、それを元に検索したのです。先に書いたiPadの書道アプリの記事もEvernoteから抽出しました。Evernoteへの自動保存は意外と役立つので是非お試し下さい。→ Evernoteに記憶を自動保存する方法


それではまた次回をお楽しみに。


<この記事をはてブ&Retweet!>
<この記事をRetweet!>
↑ いきなりRetweetされる事はありません。Twitterのホーム画面が表示され感想も入力できます。