iPad発売前に見ておきたい動画レビュー集


日本では3月にWi-Fiモデル、4月に3Gモデルが発売される予定のiPad。本当にリリースが待ち遠しいです。こんな気持ちは2008年7月のiPhone発売のとき以来です。待ちきれずに紙でiPadの模型を作っている方もおられるようですね。私も毎日色んなサイトでiPadに対する評価などを読んでいるのですが、文章や静止画を見ていてもいまひとつイメージがわきません。

そこで、今までに発表されたApple公式のプロモーションビデオや、実機レビューの動画を集めてみました。中にはパロディもありますが、よく目を凝らして真面目に動画を見ていると色んな発見があります。時間がある休日などを利用して、ゆっくりと動画をご堪能下さい。

ボリュームたっぷりの実機レビュー

こうして実機のレビューを見ると、Apple公式のプロモーションビデオで紹介されているキビキビとしたアプリの動きが本物だと分かります。本当に一つ一つの動作が速く、縦と横の画面切替も一瞬ですね。

iPad Magic

iPhone発売当初によく流れていたマジックのビデオを思い出しました。これです→iPhone Magic - YouTube

iPad, Kindle, Netbook 比較

ベゼルの幅の比率はKindleと似ているように思います。次期iPadではベゼルにセンサーやカメラが搭載されると噂されていますが、電子ブックリーダとして最も使いやすい比率を追い求めた結果、このベゼルの幅になったのかもしれませんね。
また、ベゼルの幅はキー入力とも関係しているように思います。膝や机の上にiPadを置いて、タッチパネルのフルキーボードで文字入力する事を想像してみて下さい。本体の端まで画面があると指の角度が深すぎて入力しづらいはずです。賛否両論あるベゼルですが、Appleが考え抜いた最良の幅なのかもしれません。

まるで魔法のような公式プロモーションビデオ

バックグランドミュージックと登場人物の語り口調、そしてぬるぬる動くiPadアプリ。まるで魔法にかけられたかのようにiPadが欲しくなります。
動画をよく見ると、ロックを解除するスライドバーの右隣にボタンのようなものがある事に気づくと思います。読んでる途中の本へすぐにアクセスできるショートカットでしょうか。

Need For Speed

これを見るとiPhoneが切り開いたタッチパネルのゲームの世界は、ただの前座だったように思います。タッチパネルゲームはiPadが本当のブレークスルーとなるかもしれません。

ジーンズにシャツをインしてもカッコいいのはあなただけです

KeynoteでのiPadの発表の瞬間。iPhone発表の時ほど観客のリアクションがありませんね。この時ジョブズさんはどう思ったのでしょう。おそらく反応が薄い事に気づいていると思いますが、それを顔に出さないところが素晴らしいです。普通なら苦笑いをしそうですよね。

N.O.V.A. on Apple iPad

これだけ画面が大きいと迫力がありますね。最初は手にもってプレイしていたのですが、途中から机に置きました。手に持ったまま長時間プレイするのは疲れるのでしょうか。

アメリカの@ksoranoさん?

この方は誰でしょう? 内容は他でも紹介した動画や画像を切り貼りしただけのものですが、何となく面白いので良しとしましょう。


動画を集めて自分を盛り上げたのはいいのですが、実はiPadを手にするために大きな壁を乗り越える必要があります。家族会議の末に購入を却下されたのです。テクノロジーに興味のない人にiPadの素晴らしさを語っても、暖簾に腕押し、馬の耳に念仏、豆腐にキュー。すみません。豆腐にキューはビリヤードの極意でした。玉を豆腐に見立ててキューを突き刺せと教わった事があるのです。

話を戻して、iPad購入のために交渉して決裂、また交渉して決裂。延々と続くかのようなこの繰り返し。押してだめなら引いてみるか。優しく頼んでだめなら怒ってみるか。笑ってだめなら泣いてみるか。言葉でだめなら動画を見せるか。今回の記事タイトルは「発売前に見ておきたい動画レビュー集」ですが、実は「発売前に見せておきたい動画レビュー集」でもあるのです。

もうしばらく購入のための駆け引きを楽しみたいと思います。


<この記事をはてブ&Retweet!>
<この記事をRetweet!>
↑いきなりRetweetされる事はありません。Twitterのホーム画面が表示され感想も入力できます。"はてブ&Retweet"は、事前に"はてなブックマーク"のページでTwitterとの連携を設定しておく必要があります。