iBooksアプリのためにiTunesのUSアカウントを作ろう


iPadで電子書籍を購入する方法が、iBooksアプリ経由でのダウンロードになるかもしれないというニュースを見ました。

App Storeと同じようなシステムでiBooks Storeを立ち上げると思っていたので驚きです。電子書籍は今のところ日本の出版社が参入を表明していないので、iBooksアプリは日本のアカウントでは入手できないかもしれません。その場合はUSのiTunes Storeからダウンロードする必要があります。

Appleの規約上、iTunes Storeは住んでいる国以外のアカウントを取得できない事になっているので、あまり大きな声では言えないのですが、USアカウントを持っていると何かと便利です。例えば今回の記事末尾で紹介する、洋楽好きにはたまらないLast.FMやPandoraといったアプリはUSアカウントでしか入手できません。また、少し前に日本でもリリースされたPhotoShop.Com Mobileも最初はUSアカウントでしか入手できませんでした。

以前はクレジットカードやUS iTunes Cardが必要だったようですが、今は無料アプリをダウンロードするだけでUSアカウントが作成できます。

USアカウント取得方法

こちらのサイトが一番分かりやすいと思います。

以下が主な流れと注意点です。

1.PCのiTunesでサインアウトしてUnited States Storeを選択する
2.無料アプリを選んで新規アカウント作成をする

#CC0000;font-weight:bold;">★Eメールアドレスは〜@yahoo.co.jpなどの日本のアドレスでも大丈夫です:
#CC0000;font-weight:bold;">★Address, City, State, Zip Codeは実在しないとエラーになります:

iPhoneでアカウントを切り替える場合は、App Store「おすすめ」の一番下か、設定の「Store」から変更します。

[ ]

Last.fmとPandoraで堪能する無限ジーニアス

洋楽好きの方はUSアカウントを取得したら是非この2つのアプリをダウンロードして下さい。無料で聴き放題です。どちらのアプリもiPodのジーニアスに相当するボタンがあり、次々と自分好みのアーティストを探して曲を流してくれます。iPodのジーニアスがローカルで完結しているのに対して、Last.FMとPandoraのジーニアスはネットを経由して無限の広がりを持っています。

Pandora(US Store限定 無料) このアプリに関しては<RyoAnna's iPhone Style - #RyoAnnaBlog>で使用方法を記載しました。アプリを起動して音楽を聴く前に、US proxyの設定をするか、こちらを参考にしてVPN(Virtual Private Network)へ接続する必要があります→

Last.fm for iPhone and iPod Touch(US Store限定 無料) このアプリを利用するには、まずLast.fmの公式サイトでアカウントを作成する必要があります→ Last.fm - 自分だけのオンライン・ミュージックプロフィールを作成

Last.fmのアカウントを作成したらUS Storeでアプリをダウンロードします。実際の画面の様子はこちらです。

[ ]

曲を聴いている最中も「>>|」をタップする事で同じジャンルのアーティストへジャンプする事ができます。また、画面右上の「i」アイコンをタップして、アンダーバーの「Similar Artists」を選択する事で、一覧の中からアーティストを選ぶ事もできます。

[ ]

私はあまり活用できていないのですが、Last.fmにはTwitterと同じように「人をフォローする」というシステムもあり、その人の好みの曲も聴く事ができます。


USアカウントの作成は少々手間がかかりますが、それにより得られるiPhoneアプリの広がりは大きいものです。そしてiPadのiBooksがUS限定のアプリだった場合、いち早く体験できるはずです。今のうちにUSアカウントを作成しておくと良いかもしれません。

<免責事項> USアカウントの作成はAppleの規約に違反しています。アカウントを作成する事により発生した損害は当ブログでは責任を負いかねますのでご了承下さい。

それではまた次回をお楽しみに。


<この記事をはてブ&Retweet!>
<この記事をRetweet!>
↑ いきなりRetweetされる事はありません。Twitterのホーム画面が表示され感想も入力できます。