Peepholeであなたの画像を覗いちゃいます


面白いアプリを見つけました。その名はPeephole。

 Peephole(AppStore 450円)

このアプリはTwitterのタイムラインに流れた画像を閲覧するものです。百聞は一見にしかず。何が楽しいのかスクリーンショットを中心に解説します。まずはメイン画面と「Favorites」の画面。

[ ]

「Trends」と「PublicTimeline」は日本のTwitterに特化したものではないので、あまり見ていても楽しくありません。
「Nearby Users」はご近所さんがアップした画像を表示できます。これこそ覗き見のようで少し気が引けます。
「Search」はTwitterで保存したキーワードと連動しています。新たにキーワードを入力して検索する事もできます。キーワードが英語だけど日本語のツイートから検索したいという場合は、以前書いた記事「Twitter検索機能のいろは」を参考にして下さい。例えば「iPad 、」のように「、」を加える事により日本語のツイートから画像を抽出できます。
「Favorites」は自分がふぁぼったツイートの画像を見る事ができます。


このアプリの最大の特徴は「Friends」です。下の左のスクショはその一覧画面になります。「Friends」でタイムラインに流れる画像をマトリックスのように表示させたら、気になる画像をタップします。右のスクショは「Filters」という機能です。これにより一覧画面にユーザー自身が投稿した画像だけを表示させる事ができます。

[ ]



例えばこちら。一覧画面にオートコピーライターの画像らしきものがある。「いやらしい」という言葉が見える。誰だ朝からこんなの投稿したのは。

[ ]

@kazwoo215 & @kuracyan のおバカコンビ。



誰だアスカなんかアップする奴は。

[ ]

@kararemichiさんでしたか。恐れ入ります。


これはまさか。

[ ]

やはり@ksoranoさん。


誰だ朝っぱらから床屋へ行く奴は。

[ ]

@abiphoneab!


かわいい猫ちゃんの画像だ。

[ ]

釣られた。


という感じで、暇な時に画像を見ながらツッコミを入れるアプリです。過去の投稿画像をどこまでも追えないところが少々残念ですが、画像を保存したりReplyやRetweetもできます。

[ ]


このアプリは覗き見してるような感覚があります。それもそのはず。後で調べて分かったのですが、Peepholeは日本語で「覗き穴」という意味なんですね。

 Peephole(AppStore 450円)


<この記事をはてブ&Retweet!>
<この記事をRetweet!>