ユニバーサルマインド



『TRICK』『コナン』も上映!iPhone、iPadで聴覚障害者の鑑賞をサポートする日本初のサービスが開始! - シネマトゥデイ


私は五体満足な人間だ。他愛もない悩みはあるが。


少し前になるが、シネマトゥデイに素晴らしいニュースがアップされていた。

上映中の邦画の字幕をiPhoneのSafariで読めるというものだ。これは聴覚障害者向けのサービスであり、東京の蒲田にある映画館で実際に運用が始まっている。目線の動きが多くなり、なかなか映像に集中できないかもしれないが、携帯性にすぐれ、画面も広く使いやすいiPhoneならではのサービスだ。


それではiPhoneは本当にユニバーサルデザインなのだろうか?



iPhone case enables the blind to access touchscreens - Core77

これはデザイナーBruno Fosi氏が試作した、視覚障害者向けのシリコンケースだ。目の不自由な方にとって、タッチパネル製品ほど使えないものはない。触覚によるフィードバックがないからだ。このシリコンケースはタッチパネルの弱点を埋めるべくデザインされているが、これなら何もiPhoneである必要はない。



VoiceOver解説iOS7用-1基本

アクセシビリティという言葉をご存知だろうか?

製品やサービスがどれほど広汎な人に利用可能であるかを現す言葉だ。

iPhone3GSでは視覚障害のあるエンドユーザー向け機能として、ボイスオーバーによる画面の操作ガイド、ズーム・反転表示を搭載している。残念ながら私は3Gなので体験する事はできないが、この「VoiceOver徹底解説」を見る限り、実用的なのではないだろうか。


iPadにも同様のVoiceOverが搭載されているらしい。
視覚障害者にもやさしい iPad | maclalala2


三十数年生きていると、それなりに人間の脆い側面も経験している。経験しているからこそ、同じような立場の方の気持ちは理解できる。私は五体満足だから、五体不満足な方の立場にはなれない。だが、想像する努力だけはできる。「人の立場になれ」とは、あらゆる場面で有効な教えであり、人と人が共に生きていく中で欠かす事のできない重要なファクターだ。


<この記事をはてブ&Retweet!>
<この記事をRetweet!>
↑ いきなりRetweetされる事はありません。Twitterのホーム画面が表示され感想も入力できます。