iPhoneで使える"ゆるかわ文字"



*記事投稿時とは違う画像に差し替えています。理由は、私以外の個人を特定する事ができる画像だったからです。尚、画像の差し替えは私個人の判断によるものです。


注音符号という中国語の発音を表す文字をご存知だろうか。"ボポモフォ"とも呼ばれる注音符合は、1918年に北京政府が漢字に代わる表記法として公布し、1930年に発音記号として縮小されたものだ。現在の中国では廃止されていて、台湾の一部でしか使われていないようだ。

ㄅ ㄆ ㄇ ㄈ ㄉ ㄊ ㄋ ㄌ ㄍ ㄎ ㄏ ㄐ ㄑ ㄒ ㄓ ㄔ ㄕ ㄖ ㄗ ㄘ ㄙ ㄚ ㄜ ㄨ ㄛ ㄩ ㄝ ㄞ ㄟ ㄠ ㄡ ㄢ ㄣ ㄤ ㄥ ㄦ


見て分かる通り、日本語の平仮名に似た表記がいくつか含まれている。これは日本の片仮名や平仮名と同様に、音に合う漢字の一部を取り出して表記しているからだ。

この注音符号は、iPhoneの辞書に登録するとそのまま使えて表示もされる。調べた限りだと、国産の携帯電話では表示されないようだ。

辞書登録すると言っても、平仮名や片仮名として使える文字は限られており、意味が分かるのは「ㄘㄑㄨㄜㄋㄡㄦㄙㄌㄆㄝ」ぐらいか。使用する場面はTwitterがいいだろう。唐突に「ㄘんㄘん」と言ってみるも良し、「やㄨㄜㄝㄋ」と言ってみるもよし、使い方はあなた次第だ。

iPhoneの辞書に登録する際は、iOS4なら標準の辞書機能を使えばいい。だが、この機会にMY辞書登録の購入も検討してはどうだろうか。このアプリは、顔文字などのセットをファイルで一括登録できるところに強みがある。詳しくは半角カナの入力方法に関する記事を読んで欲しい(iPhoneで半角カナを簡単に入力する方法 - #RyoAnnaBlog)。


今回、この注音符号を調べているうちに、クサチュー文字という知らない言葉も出てきた。古くからチャットなどに慣れ親しんでいる方はご存知だと思うが、クサチュー文字は1990年頃に登場し、ひらがな・カタカナ・特殊文字などを組み合わせて別の文字を表現したり、複数の漢字を用いて別の漢字を表したものだ。

勹廾千ュ―言吾


元々パソコン通信やインターネット上で使用されていた倍角文字と呼ばれていたものを、掲示板サイト「あめぞう」の常連であったハンドルネーム「腐れ厨房」がまとめたため、彼の名にちなんでこう呼ばれているらしい。

その10年後に、ギャル文字が登場する。元の文字とは意味・字形の異なるカタカナや、ロシア文字、ギリシャ文字。そられの記号や特殊文字などを組み合わせ、ひらがなやカタカナなどの字形に見立てる遊びが引き継がれているようだ。

流行はだいだい10年の周期でよみがえるものだ。クサチュー文字が流行したのが1990年頃、ギャル文字は2002年頃。今年は2010年。そろそろ復活するかもしれない。ただし、あまり使いすぎると煙たがれるので注意したい。

それでは最後に、ゆるかわ文字を一覧にして今回の記事を終える事にしよう。

レヽ レ† ι 丶/ ナ=
十ょ (こ - 丿 レよ ,ζ, レま - - -
- - ζ レ) - - - ω 口十 女市 女未


最後のゴージャス文字は私が考案したものだ。


参考文献: 宀ィ‡ィヘo〒"ィ了


追記:注音符合の使用について
この記事を書いた後に、台湾の方からTwitterでコメントを頂きました。中には好意的なコメントもあったのですが、多くの方が、注音符合が下ネタに使われる事を不快だと感じているようです。
少し調べたのですが、注音符合は現在でも台湾の小学校の教科書でルビとして使われたり、パソコンのキーボードで使われているようです。
日本の平仮名が、言葉遊びとして海外で下ネタに使われていても、私は特に何も感じないと思います。なぜなら私は日本に住んでいるからです。遊びに使われた国に住んでいたから、不快に思うかもしれません。
注音符合の使い方はあなた次第です。神経質になる必要はないかもしれません。ただ、不快だと感じる人もいる、という事実だけは認識願います。


追記:クサチュー文字について
Twitterでご指摘を受けたのだが、クサチュー文字が流行したのは1990年代末のようだ。


<この記事をはてブ&Retweet!>
<この記事をRetweet!>
↑ いきなりRetweetされる事はありません。Twitterのホーム画面が表示され感想も入力できます。