Twittelatorにしかない機能|絵文字・ジャケット・テーマ・ミュートなど



Photo Link


その昔、Twitterにリストがない時代、Twittelatorには「Subgroups」という特殊な機能があった。Subgroupsは現在のリストに相当する機能で、他にもグループ機能が使えるアプリはあったが、いちばん相性がよかったのはTwittelatorだった。(Twitterアプリ グループ機能比較 - #RyoAnnaBlog)。

現在、iPhoneのTwitterクライアントで人気があるのは、Twitter for iPhone、Osfoora、Echofon、TwitBirdあたりだろうか。Twittelatorは機能が増えすぎて、メインで使っている人は少なくなったように思う。

しかし、Twittelatorにしかない機能は今でも存在する。私にTwitterの面白さを教えてくれたのはTwittelatorだ。Twitterを続けている限り、ずっとホーム画面に置いておくアプリになるだろう。

今回は、Twittelatorでしか使えない機能を紹介する。もしかしたら他のアプリでも使える機能があるかもしれない。そんな時は「他のアプリでもできるよ、りょーㄘん」などと優しく教えてくれると嬉しい。「りょーㄘん」に萌えるからだ。


 Twittelator Pro(AppStore Link 600円)

絵文字の入力

Emoji Freeなどのアプリを使えば、いつでも絵文字が入力できるようになるが、iPhoneのシステムを変更せずにTwitterで絵文字を使いたい場合は、Twittelatorを購入すればいい。【追記:TwitBirdでも絵文字が使えるとの事】

ジャケットの投稿

OsfooraやTwittiumなど、iPodで聴いている曲をTwitterにポストできるアプリはあるが、ジャケットの画像まで投稿してくれるのはTwittelatorだけだ。

ミュート機能

Twittelatorのミュート機能は、ユーザーをフォローしつつ、タイムラインから消す事ができる。アンフォローに抵抗がある人にとっては、とても便利な機能だ。

テーマの選択

画面の色やフォントのテーマを作れるクライアントはTwittelatorしかない。ハッシュタグ「#tptheme」で検索すれば、他の人が作ったテーマを見る事ができて、それを簡単にインストールできる。

DMをさかのぼる

Twittelatorでは、Twitterを始めた1年前のDMまでさかのぼる事ができた。当時からTwittelatorを使用していたからかもしれないが。

音声の投稿

音声だけを録音して投稿できるTwitterクライアントは少ない。TwitCastingが普及した今では、あまり使い道はないかもしれないが、気軽に音声を録音して投稿するならTwittelatorがいいだろう。


Twitterは楽しい。ここまで自由なSNSはあったのだろうか。Twitterがなくても生きていけるが、Twitterがなくなる日は想像できない。


 Twittelator Pro(AppStore Link 600円)


Twittelatorには機能が制限された無料版もある。
Twittelator Free(AppStore Link 無料)


<この記事をはてブ&Retweet!>
<この記事をRetweet!>
↑ いきなりRetweetされる事はありません。Twitterのホーム画面が表示され感想も入力できます。