メイリオフォントとモリサワの手帖


WEBやテキストエディタで見るヒラギノフォントが、どうもしっくりこない。フォントの雰囲気は好きなのだが、漢字がところどころ潰れるのが気になる。

Windowsを使っていた頃、OSはXPだったが、システムやWEBのフォントにはメイリオを使っていた。ゴシックフォントに比べて格段に読みやすかった。

そこで、メイリオフォントをMacにインストールした。インストールといっても下記のリンク先を参考にして、システムのフォントフォルダにファイルをドロップしただけだ。


FireFoxだと次のような違いがある。


ヒラギノ角ゴシック


メイリオ


メイリオのほうが読みやくないだろうか? ヒラギノに比べて文字の間隔が多少広がってしまうが、全体的にシャープで目に優しい。


フォントの事を考えながらAppStoreを探訪していたら、モリサワの「文字の手帖」というアプリが目にとまった。



モリサワフォントの書体見本を楽しんだり、解説を読む事ができる。

[ ]

フォントにまつわる用語集を読んだり、Twitter投稿機能付きの神経衰弱を楽しむ事もできる。

[ ]


以前「iPhoneのフォントと黄金比」という記事を書いた事がある。iPhoneはフォントが目に優しいから使い心地がいい。PCを使う上でもフォントは重要な要素だ。少し違うだけで印象が大きく異なる。そう。まるで女性の髪型のようだ。


<この記事をはてブ&Retweet!>
<この記事をRetweet!>