Snap & Art

写真撮影を承ります(名古屋・愛知・岐阜・三重・全国)

iPhoneの標準カメラで一眼レフのボケ効果を出す方法



上の写真は@spring_maoさんが一眼レフカメラで撮影した写真だ。背景がボケて、被写体が際立って見える綺麗な写真だ。

ボケは英語で "Bokeh" と書く。ボケ効果は情緒や風情を重んじる日本固有の表現方法で、海外で評価され始めたのは10年ほど前の事だ。(Wikipedia)。

この一眼レフのボケ表現と同じ効果を、iPhoneの標準カメラで再現したのが下の写真になる。



方法は簡単で、被写体にできるだけ寄って、そこに四角いフォーカスを合わせて撮影するだけだ(iPhone3Gを除く)。

四角いフォーカスは自動で表示される。表示されない場合は被写体をタップしてフォーカスを合わせる。被写体にできるだけ寄って、iPhoneがフォーカスを調整するのを少し待ってからシャッターを押すといい。



iPhoneの場合、冒頭で紹介した写真の構図だとおそらくボケない。被写体との距離が近くないと効果がでないのだ。枯れ草の写真は、公園で地面にうつ伏せになりながら撮影した。見知らぬ子供に「いも虫」と罵られながら「このポーズはいかにもフォトグラファーだな」と、悦に入りながら撮影した。



最新ホットエントリー
20101212142328 20101208025842 20101207014358 20101207014356
リストバンドとiPhoneアプリで気持ちのよい目覚めを|wakemate 30秒前を録画するウェアラブルビデオレコーダー|Looxcie LX1 for iPhone and Android 近未来型風力充電システム“iFan for iPhone” Sony Ericsson PSP Phone with Android 実機動画がリーク