Twitter for iPhoneのDMが未読になるバグの対処法

 
AでもBでもCでもなくDから始まる恋。これは私の迷言だ。


TwitterのDMには特殊な効果がある。タイムラインの喧噪を横目にダイレクトメッセージで会話をしていると、秘密を共有しているような不思議な感覚に包まれる。特別な感情が湧く事もある。まあ、そんな事を考えているのは私ぐらいで、大体が勘違いで終わるのだが、とにかくDMには特別な意味がある。

タイムラインで「Dしたよー」なんていうやり取りを目にすると、あれこれ考えて嫉妬する事もある。あの人とあの娘の間には何かあるのか。どんな会話をしているのか。どこへ遊びに行くのか... 
あまり考えすぎるとおかしくなる。


本題に入る。Twitter for iPhoneのDMの話。このアプリは画面の配色が綺麗でUIも洗練されているので、随分前から愛用している。以前はTweetieという名前だったが、昨年5月にTwitter社が公式アプリとして採用し、Twitter for iPhoneに変わった。

その頃から修正されていないバグがある。DMの未読マークに関するバグだ。既読のDMが未読になり、アンダーバーのメールマークに青い光が灯る。お! 誰からだろ!? なんて期待して開いてみると、数ヶ月前に読んだDMだったりする。



このバグに遭遇した時は、アンダーバーのDMアイコンをダブルタップするといい。「すべてを既読にする」という気の利いたメニューが表示される。これで期待を裏切られたストレスも解消できるはずだ。


★追記
どこからともなくガジェットのバイヤーが現れた...


アプリを削除してインストールし直すといいらしい。


最新ホットエントリー
20110128001240 20110128004149 20110117000843 20110106231331
iPhoneの文字入力を快適にする辞書セット(顔文字・半角カナ・最新語・ゆるかわ) ポリシーあるブログ12選 ツイートをメールでまとめて受信する方法 〜Twitterに疲れたときの処方箋 運動不足なiPhoneユーザーにお勧めするゲーム感覚エクササイズ|Fit for Rhythm