すべてのiPhoneユーザーにお勧めする森博嗣S&Mシリーズ



森博嗣のS&MシリーズがiPhoneアプリとしてリリースされた。

昨年12月にリリースされていたようだが、私が知ったのは数日前だ。カフェでぼんやりと眺めていたツイッターのタイムラインに、突然その情報が流れてきた。カフェといってもオシャレなカフェではない。いわゆるコミックカフェ、つまり漫画喫茶なのだが、シーンと静まる店内で「まじか!」と叫ぶぐらい興奮した。

森博嗣の小説を読んだ事がない人のために、少し解説しよう。

森博嗣は工学博士でもあり推理小説家でもある。1996年、デビュー作「すべてがFになる」で第一回メフィスト賞を受賞し、「理系ミステリィ」と評され話題となった。

同作品には、S&Mシリーズの中心人物である、国立N大学建築学科助教授の犀川創平と、同大学建築学科学生の西之園萌絵が登場する。犀川(さいかわ)と萌絵(もえ)。二人のイニシャルをとってS&Mシリーズだ。


S&Mシリーズ

  • すべてがFになる The Perfect Insider
  • 冷たい密室と博士たち Doctors in Isolated Room
  • 笑わない数学者 Mathematical Goodbye
  • 詩的私的ジャック Jack the Poetical Private
  • 封印再度 Who Inside
  • 幻惑の死と使途 Illusion Acts Like Magic
  • 夏のレプリカ Replaceable Summer
  • 今はもうない Switch Back
  • 数奇にして模型 Numerical Models
  • 有限と微小のパン The Perfect Outsider


このS&Mシリーズを読む事ができるアプリがこちら。



小説はアプリ内課金で購入する。1冊600円だ。

電子書籍アプリとしては、必要十分な機能を備えている。文字の大きさ変更、縦書き横書きの変更、画面の明るさ調整、ページジャンプ、リジューム機能などがある。


久しぶりに森博嗣を読んだが、やはりS&Mシリーズは推理小説としてもエンタテイメントとしても、最高の出来だ。
「すべてがFになる」の一部を引用しよう。

[ ]


論理的かつ客観的に事件を解決しようとする犀川。変わり者だが人間味もある助教授。
頭の回転が速く直感力にすぐれた萌絵。世間ズレした理系少女のお嬢様。

[ ]


萌絵の父親は大学の教授で、犀川の恩師にあたる。萌絵の父親と母親は飛行機事故で亡くなっており、墜落現場には二人を迎えにきた犀川と萌絵がいた。萌絵は犀川の事が好きだ。

[ ]


ここで引用した本文は、犀川や萌絵だけのものではない。物語の中心人物:真賀田四季博士の言葉も含まれている。
犀川と萌絵に絡む個性的な脇役。作品中にちりばめられた哲学的思考とトリック。

[ ]


小説を読まない人も、ミステリーを読まない人も、ぜひ一度「すべてがFになる」を読んでみて欲しい。
必ずや興奮し、次作「冷たい密室と博士たち」も購入する事になるだろう。


関連記事