Snap & Art

写真撮影を承ります(名古屋・愛知・岐阜・三重・全国)

アプリ「カード類」のレーゾンデートル

注意力散漫っぷりには自信があるワタクシですが、それでも約30年生きてきてはじめての事でした。

はじめての事ってのは結構苦労が多くて、色々涙が出るようなメンドクサイ事いっぱいでした。

やれる事はとりあえずやりました。ひとまず2〜3日…
goryugo, addicted to Evernote


今回紹介するアプリは「カード類」


20110220122606

ありとあらゆるカードをカメラでスキャンして、アプリの中に保存できる。免許証、保険証、クレジットカード、キャッシュカード、会員証。オフ会でもらった名刺を記録しておいてもいい。


[ ]


スキャンするとカードの四隅を自動で検知してくれる。自動検知できなかった場合は手動で補正する。補正する時は、指で隠れる部分が別の窓で拡大表示される。

[ ]


カードにタグやメモをつける事ができる。一覧画面ではタグでソートする事が可能だ。アプリにパスワードをかける事ができるため、iPhoneをなくした時も安心だ。


[ ]


記憶が確かなら、私は人生において財布をなくした事はない。

財布をなくす人と、なくさない人。もし二つに分かれるとしたら、私はなくさない人に属しているはずだ。

ただし、急に「なくす人」になるケースもある。


この「カード類」。App Storeの解説文には「銀行の口座番号が知りたいだけなのに、いちいち財布を取り出して… という面倒くさいことから解放されます」とあるが、その用途で使うケースは少ないだろう。

このアプリ最大の見せ場は、財布をなくした時にやってくる。

それが「カード類」の存在理由だ。


20110220122606


関連記事