寄稿の旅



生まれてはじめて寄稿をした。


私はプロのライターではないので、雑誌や商業サイトで文章を書いてるわけではない。一昨年から始めたこのブログが、記事を公けにする初めての場所だ。
今まで寄稿しようと思った事はなかったが、尊敬する@apptoiさんが募集していたので投稿した。他所で読む自分の文章は、不思議な感じがする。


近頃、TwitterやFacebookなどのソーシャルネットワーキングサービスが盛んだ。情報を交換して会話をする。それはそれで楽しいのだが、流れるスピードが速いため、後に残るものが少ない。

ブログは自分の世界をゆっくり構築できる。信念があれば批判されてもいい。書く事により心が浄化される。後で読み返すと微笑ましく思うだろう。


可愛い子には旅をさせよと言う。寄稿はまるで旅のようだ。管理人とのコミュケーションが生まれ、普段とは違う読者の目に触れて、新たな出会いも生まれる。

ブログでも日記でもいい。あなたもどこかに居場所を見つけてはどうだろう。そして、しばらくしたら旅をするといい。帰港したあなたは、前よりも地に足がついているはずだ。