iPhoneユーザー必携の画像管理アプリ "PictShare" 〜私がはてなを続ける理由〜


これはiPhoneアプリ "PictShare" を開発した@いとーけーさんのツイートだ。画像を変換する機能が欲しいと要望したところ、Ver.1.3で応えてくれた。

20110223082856


同時に、はてなフォトライフへのアップロードにも対応してくれた。あのツイートに関わるGadget Girlと当ブログが、共にはてなダイアリーである事は偶然なのだろうか。




JPEG変換にこだわる理由は軽さだ。

iPhoneのスクリーンショットはPNGで保存される。そのままブログに掲載すると、サイズが大きいためロードに時間がかかる。見た目が同じならJPEGのほうが軽くて読み込みが速い。


20110306101634 20110306102244


AppStoreの中で、はてなフォトライフに直接投稿できるアプリはPictShareだけだ。他にも、FlickrやDropbox、Evernoteなど、メジャーなサービスにはほとんど対応している。いつかInstagramにも対応してくれるだろう。


20110306102129 20110306102415


投稿時に画像サイズを指定する事もできる。日付ごとにソートされた一覧画面は見やすく、描画も高速だ。PictShareは標準のカメラロールを強化した、iPhoneユーザー必携の画像管理アプリだ。




はてなダイアリーの話をする。

@donpy@hiro45jp。この二人の影響でiPhoneブログを始めた人は多い。かくいう私もそのひとりで、彼らがはてなダイアリーで書いていたからこそ、ここを選んだ。ブログを始めた当初、二人はよく面倒を見てくれた。

もうひとり偉大な方がいる。@motomaka大先生だ。先生はまだはてなダイアリーを続けている。だがあまりに大御所だ。こちらから喋りかけるのには勇気がいる。

その点、私のアイコンは穏やかで、ブログデザインも爽やか、文体もソフトタッチで一見すると優しそうだ。

私がはてなダイアリーに残る理由。それは@donpy@hiro45jpがはてなを卒業したいま、きっかけになりたいのだ。このブログを見て、はてなダイアリーならできる、自分も始めてみよう。そんな人が出て来ると嬉しい。

しかし、後に致命的な欠点があった事に気づく。私は人付き合いが苦手で、面倒見が悪い。そして出不精だった。