Twitterで見かけるハミ出した顔文字の正体

20110606233308


少し前からTwitterで見かけるようになった、上下に飛び出す変な顔文字。

気持ち悪いのであまり関わらないようにしていたのだが、この顔文字の謎が明らかになったのでお伝えしたい。


いつものようにiPhoneのApp Storeをぶらぶらしていた時のこと。

Unicoder Lite (App Store)というアプリが気になりダウンロードした。



起動するとなにやら見慣れた文字が。

顔文字でよく使われるギリシャ文字やキリル文字だ。


20110606233938


しばらく眺めているとこんな符号が。


合成用区分符号


これが上と下の行にはみ出す顔文字の正体だった。


20110606234021


ためしに作ってみよう。

ベースとなる顔文字を置く。


20110606234213


左目に合成用区分符号を入れる。


20110606234225


続いて右目に。


20110606234241


見事にはみ出す。


Unicode(ユニコード)とは、世界中のコンピュータの文字を符号化したもの。その "U+0300-036F" に配置されているダイアクリティカルマークが合成用区分符号の正体。

ダイアクリティカルマークとは、ラテン文字などで発音を区別する時に付ける記号。日本語で言うところの、濁点と半濁点に相当する( Wikipedia)。


今回の記事を書くにあたり、Twitterで変な顔文字を募集したところ、多くの方が呼びかけに応えてくれた。


20110606200711


でも集まりすぎて気持ち悪くなった。


つづく


関連記事