Chillingoの魅力と新作"Contre Jour"


20110611164128


E3で発表されたChillingoの新作"Contre Jour"が面白そうだ。

モノトーンの背景に"まっくろくろすけ"のようなキャラクター。アメーバのように伸びるロープに、グミのような柔らかい地面。まるで"Cut the Rope"と"Rolando"を足して2で割ったようなパズルゲーム。リリースが待ち遠しい。



"Cut the Rope"と言えば、Apple Design Awards 2011を受賞したChillingoの代表作。

最近このゲームのおかげ寝不足が続いている。どうしてもスターを3つ取れないステージがあったので、Twitterで聞いてみた。

20110611175435


だが、誰も反応してくれなかったので、一晩かけて自力で解いた。


気を取り直そう。

Chillingoは、EAやgameloftのような派手さはないものの、iPhoneの特性を活かした素晴らしいゲームを多く販売している。(EAは2010年にChillingoを買収した

例えばあの"Angry Birds"。現在の販売元はClickgamerとなっているが、当初はChillingoの名義だった。

他にも"Zen Bound" "iDracula" "Defender Chronicles" "Orions" "Minigore" "Vampire Rush"など、オリジナリティのある楽しいゲームが多い。


20110611181522 20110611174003 20110611174000 20110611173958 20110611173959


Chillingoが販売するゲーム、その中でも特にMoreGamesと組んだゲームには、日本のアトラスに似たポリシーを感じる。

世間の評価よりも、自身の芸術的思想を大事にする姿勢。

バイオハザートやファイナルファンタジーだけではなく、世界樹の迷宮だって名作だ。


関連記事