ADAアクアデザインアマノの美しさ


20110724232150


iPhoneのフォルムは美しい。ガラスでコーティングされた光沢のある表面。高級感あるステンレスの側面。手に馴染む適度な重さ。iPhoneは所有している事に喜びを感じる端末だ。

そして、アクアリウム製品のブランドADAにもまた、同じ美しさがある。

ADAアクアデザインアマノは、ガラスの透明感や金属の質感を大切にしているブランドだ。自然の水景を切り取った「ネイチャーアクアリウム」を実践し、新潟の本社にはとても美しいギャラリーがある。


20110724232149


魚が生きていくために給排水システムを構築する。


20110724232152


水草を育てるために二酸化炭素を供給する。


20090722204054


光合成のためにライトを照らし、酸素を供給する。


20110724232156


熱帯魚と水草を育てるには、水槽以外にも、パイプやフィルター、エアポンプやタイマーなど、多くの機器が必要だ。


20110724232155


2年前にADAの美しさに魅了され、60cmの水槽を購入した。水の中でコリドラスやテトラが優雅に泳ぎ、ミクロソリウムやアヌビアスなどが生い茂っている。それだけなら美しい水景だが、コケも繁殖している。一時はコケが増えすぎてモチベーションが下がっていたが、先日、魔法のようなコケ取りグッズを手に入れて、情熱を取り戻した。


20110725000335


ADAは2年前に通信販売を禁止した。価格で対抗できない特約店を守り、自社ブランドの価値を維持するための措置だったようだが、独占販売禁止法などの論議を引き起こした。

ADAとAppleに共通して感じるのは、自社製品に対するプライドだ。ユーザーに媚びず、信念を貫き、同時に相手の心を掴む。

難しいことだが、当ブログもそうありたい。


この記事をGoogle+でシェア


アクアリウムサイト