Yoink for Mac|フルスクリーン時代のファイルポケット


20111003232424


アプリをフルスクリーンにするとデスクトップが見えなくなる。

複数のアプリを起動するとフォルダが見えなくなる。

それでも、ドラッグ&ドロップでファイルを移動させたい事がある。

そんな場面で活躍するのが、今回紹介するアプリ"Yoink for Mac"だ。


20111003232422


Yoink for Macは、デスクトップにファイルのポケットを作る。

普段は隠れているが、ファイルをドラッグすると画面の左もしくは右に、黒いポケットが現われる。


20111003232421


黒いポケットにファイルをドラッグして、一時的に預ける。

目的のフォルダやデスクトップを表示させ、ポケットから移動させる。

元の場所にあったファイルは、ポケットに入れた段階では消えないが、移動させた後に消える。


20111003232423


MacはOS X LionでMission Controlとフルスクリーンに対応した。

デスクトップごとに、フルスクリーンのアプリを割り当てる事ができる。

従来のオペレーティングシステムには無い、斬新なインターフェイスだ。


こちらはYoinkの公式動画。


公式サイトでは15日間のトライアルバージョンをダウンロードする事もできる。


ファイルをポケットに入れる。
デスクトップを切り替えてワープさせる。
まるでドラえもんのポケットのようだ。


この記事をGoogle+でシェア


関連記事