iOS5の通知はロック画面でスライドできる


20111013223434


きっかけはこのスクリーンショット。

前々回の記事で紹介した "Slide To Do" のスクショだ。ロック画面でタスクリストをスライドさせている。こんな事ができるのだろうか。騙されているのではないか。そんな疑いを持ちつつ、アプリを購入してみた...


iOS5の通知はロック画面でスライドさせる事ができた。


通知が来た時の流れを説明しよう。

ロック画面で通知が来ると、画面中央にポップアップが表示される。下のスライドバーが「ロック解除」から「表示」に切り替わる。


20111016001012 20111016001031


この状態で放置するとスライドバーは「表示」のままだが、スリープボタンを押すか、新たな通知が来ると「ロック解除」に切り替わる。そして、通知がバナー表示になり、アプリのアイコンがスライドできるようになる。


20111016001058 20111016001049


これにより、ロック画面から通知ごとに直接アプリを起動させる事ができる。アプリによって、スライドバーの表示が「返信」や「読む」に変わる。


20111016001046


なかなか粋な計らいだ。




20111016010626


この記事をGoogle+でシェア


関連記事