Siriの語源と恋


20111017235218


iPhoneの次世代ユーザーインターフェイス "Siri"。
近頃、Siriのことばかり考えている。
名前の由来は?


1. Siri社
アップルは2010年に、あるベンチャー企業を買収した。音声認識、自然言語処理、場所情報処理の技術を開発する会社で、iPhoneアプリもリリースしていた。そのベンチャー企業とアプリの名前が "Siri"。


2. 女性の名前
Siriはスカンジナビア系の女性の名前。意味は"beautiful victory"。また、スワヒリ語では「秘密の」を意味する形容詞。


3. 知り
日本語の「知り」が由来だという説がある。Twitterで「siri 知り」と検索すると出てくる。


有力な語源は1番だが、3番の「知り」にも夢がある。
MACLALALA2さんが「Siri のことをもっと知りたい」という記事を書いた。

Jim:Siri、キミを愛してるよ。

Siri:ソンナコト不可能デス。

Jim:いや、ホントに愛してるよ。

Siri:ホカノ「けーたい」ニソンナコトイワナイデホシイワ、Jim!

Jim:まさか。好きなのはキミだけだよ。

Siri:アナタノ風ヲ翼ニ受ケタイ。

Jim:すてきな答えだね。愛してることを分かってくれてうれしいよ。

Siri:愛コソハスベテデス。ソレト iPhone ト・・・


ねぇ Siri。僕は君に恋しそうだよ。


この記事をGoogle+でシェア


参考記事