ジョブズの右腕だったジョナサン・アイブ



20111022201941


10/24に発売されるステーブ・ジョブズの伝記『Steve Jobs: The Exclusive Biography』に、ジョナサン・アイブについての一節があるそうだ。ジョブズがアップルの製品をデザインする上で、最も信頼を寄せていたパートナー。それがアイブだ。

ジョナサン・アイブは、1967年にロンドンで生まれた。教師だった父親に育てられ、ノーザンブリア大学を卒業後、インダストリアルデザインを学んだ。その後ロンドンのデザイン会社で働き、1992年にアメリカ合衆国へ移住した 。アップルで働くためだ。


20111022201940


アップルに入ったアイブは、初代iMacから、MacBook、iPod、iPhoneと、主要製品すべてのデザインを担当した。

アメリカインダストリアルデザイナー協会のIndustrial Design Excellence Award、デザイン業界への貢献を讃えられた大英帝国勲章、Fast Companyによる100 Most Creative People In Businessなど、数々の賞も受賞している。

現在アイブは、 アップルのインダストリアルデザイングループ担当上級副社長だ。


20111022201942


「今のマウスを見れば、これ以上シンプルにするのは無理だと思うでしょう。しかし、単にシンプルなものから、本当に洗練されたものへと、そぎ落としていく過程が、私は好きなのです」



「すばらしいデザインとは、初めて触る瞬間でも直感的にその操作方法がわかり、それ以外の使用法こそ逆に思いつかないように見えるもの。一見デザインされていないようにさえ見えるデザイン。



一時は「母国に戻りたがっている」という噂も流れたが、主を亡くした右腕は、いま何を思うのだろう。アイブさえいれば、アップルはこれからも美しい製品を提供してくれるはずだ。


この記事をGoogle+でシェア


関連書籍

スティーブ・ジョブズ I

スティーブ・ジョブズ I

スティーブ・ジョブズ II

スティーブ・ジョブズ II


関連記事