アップルの社名とロゴの由来


20111023194955


Appleの社名の由来には様々な説がある。

  • ジョブズが尊敬するビートルズのレコード会社名がAppleだったから。
  • ジョブズがダイエット中、リンゴしか食べなかったから。
  • コンピュータの概念を初めて提唱した数学者が、青酸カリ入りのリンゴを齧って自殺したから。

他にも多くの説があるようだが、公式に社名の由来が明かされた事はない。


20111023195000


1977年にAppleが設立された頃のロゴは、ニュートンがリンゴの木に寄りかかり、本を読んでいる絵だった。設立者の一人であるロン・ウェインのデザインだ。


20111023194959


だが、ジョブズはロン・ウェインのロゴに不満があり、アートディレクターのロブ・ヤノフに、新しいロゴマークのデザインを依頼した。ヤノフはシンプルな林檎の右側に、一かじりを加えた。「一かじり」を意味する "a bite" と、コンピュータの情報単位の "byte" をかけたそうだ。


20111023194958


ジョブズは1985年にAppleを追放されたが、1997年に暫定CEOとして復帰した。復帰後、黒のボディと白のアップルロゴを組み合わせたPowerBook G3を発表。その後、iMacから6色リンゴのロゴを廃止し、立体的にデザインされた単色ロゴを採用した。


20111023194957


1999年以降、6色リンゴは使われていない。次にロゴが変わるのはいつだろう。


参考記事


その後、ネコと裸の大将から貴重な情報をもらった。大将はわざわざ風呂に入る直前にこのツイートをくれた。大将だけあって裸だったらしい。







この記事をGoogle+でシェア


関連書籍

スティーブ・ジョブズ I

スティーブ・ジョブズ I

スティーブ・ジョブズ II

スティーブ・ジョブズ II


関連記事