バトル・オブ・シリコンバレーと海軍兵


20120102005557


大晦日の夜、iTunesレンタルで『バトル・オブ・シリコンバレー』を観た。スティーブ・ジョブズとビル・ゲイツの単なるサクセスストーリーではなく、生々しい人間模様が描かれていて面白い映画だった。

ジョブズがアップルで成功する前に子供を孕ませたり、ビル・ゲイツが存在しないOSをIBMに売り込んだりと、スリリングな話題が多く登場する。

二人が創り出すパーソナルコンピューターの黎明期もしっかりと描かれている。apple 1からMacintosh、そしてDOSからWindowsへ。


映画の中で、二人は同じ言葉を口にする。

偉大な芸術家は模倣せずに盗む


ジョブズはグラフィカルユーザーインターフェイスのアイデアをゼロックス社から盗み、ビル・ゲイツはウインドウズのアイデアをアップル社から盗んで成功した。


ジョブズはアップルの社員にこう教えていたそうだ。

海軍になるな、海賊になれ


私はスティーブ・ジョブズやビル・ゲイツにはなれない。この先、巨万の富や名声を得ることはないだろう。だが、プライドを持って仕事をしてブログを書き、生きて行く事はできる。ポリシーある海軍兵は、海賊に匹敵すると信じたい。


この映画は原題のほうがしっくりくる。 "Pirates of Silicon Valley"


映画『バトル・オブ・シリコンバレー』


この記事をGoogle+でシェア


関連記事