iPadを搭載したバットサイクルと映画『ダークナイト』


20120115162515


ラスベガスで開催された「CES 2012」で、iPadを搭載したバットサイクルが展示されていたようだ。


20120115162513 20120115162510


前輪をもっと太くしたほうが存在感があると思うが、写真よりも実物は迫力があるはずだ。


20120115162511 20120115162509


バットサイクルに搭載されたマシンガンを、iPadでコントロールできたら最高だ。


20120115162514 20120115162512


私は『バットマン』をずっと毛嫌いしていた。いかにもアメコミ的なコンセプトが好きになれなかったのだが、先日書いた#5movieという記事で『ダークナイト』が人気だったので観てみた。



予想を超えて面白かった。アクションやバットモービルなどの特撮映像もいいが、バットマンとジョーカー、警察と検事の人間模様が深く描かれていて、ストーリーに重厚感があった。

また、ジョーカー役を見事に演じたヒース・レジャーが、『ダークナイト』の撮影終了後に亡くなった事実が、映画に一層の深みをもたらした。親友のジョニー・デップは、ヒース・レジャーの次作の代役を買って出て、出演料をヒースの娘に全額寄付したそうだ(Wikipedia)。


そんな『ダークナイト』の続編が、今年公開される。



タイトルは『THE DARK KNIGHT RISES』。今から楽しみでしょうがない。


この記事をGoogle+でシェア


関連記事