iPhoneで印象的な写真を撮る方法『3分の1の法則』


☆SAPPORO Jan.18.2012


現在、Flickrで最も多く利用されているカメラは、一眼レフでもなくコンデジでもなく、iPhoneだそうだ。ロンドンの大学では『iPhoneography』のコースが開設され、写真の世界でもますます人気を集めるiPhone。


Blue Sky


そんなiPhoneのカメラは、iOS 5からグリッド線の表示に対応した。カメラの画面でオプションの「グリッド」をONにすると表示される。今回は、このグリッドを利用して印象的な写真を撮る方法を紹介したい。


20120211203145


iMoreによると、写真の構図には『3分の1の法則』というものがあるそうだ。水平方向でも垂直方向でもいい。左右もしくは上下の、どちらかのグリッド線上に被写体を置く事により、写真全体に奥行きが生まれる。


20120211203231


これらの写真はすべて、@mst47が撮影したものだ。


DSC_0203


一眼レフの写真も含まれているが、被写体はどれも1/3のところにある。


20120211204700


空間を広くとることにより、被写体にフォーカスをあてる手法。


IMG_4286


これでまた、iPhoneのカメラが楽しくなる。


この記事をGoogle+でシェア


関連記事