Snap & Art

写真撮影を承ります(名古屋・愛知・岐阜・三重・全国)

iPhoneのカメラにもファインダーを『Daylight Viewfinder』


20120531223708


iPhoneのファインダーは大きな液晶画面。全体像が分かりやすく、撮影する写真もイメージしやすい。それに対して、一眼レフカメラのファインダーは小さな覗き窓。外の世界から遮断され、目の前の風景に集中できる。


今回紹介するのは、iPhoneに小さな覗き窓を付けるガジェット『Daylight Viewfinder』。



Daylight Viewfinderは、フードが付いた筒状のファインダーと専用アプリで構成されている。

iPhoneでアプリを起動すると、画面左側に216×162ピクセルのモニタが表示される。そこに筒状のファインダーを装着して、覗きながら画面右側のフラッシュ、カメラ/ビデオ、シャッター、ズームボタンを操作する。


20120531223709


Daylight ViewfinderはKickstarterで資金を募っており、本体価格は$24から。

太陽の光を遮断するのが主な目的だが、ファインダーには他の役目もある。小さな窓の先には、あなたと被写体だけの世界があるはずだ。

AppAdvice


この記事をGoogle+でシェア


関連記事