読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる





iTunesで限定配信中の映画『ももいろそらを』が面白い

Movie Movie-邦画



20121028103044


「ウケねえよこのアナルファッカー」

女子高生がこんな言葉を口にする映画『ももいろそらを』が面白い。

この映画は昨年の第24回東京国際映画祭で作品賞を受賞し、サンダンス映画祭にも出品された。今年も第25回東京国際映画祭が六本木ヒルズを中心に開催されていて、12月から新宿武蔵野館で『ももいろそらを』が劇場初公開となる。それを記念して10月17日から2週間、iTunesが期間限定で先行配信している。


20121028103045


新聞の採点を日課としている女子高生「いずみ」が大金の入った財布を拾い、その持ち主を探し当てるところから波紋が広がる。池田愛が演じる「いずみ」の口調は、常に江戸っ子言葉。「仕事しろよ、酒くさいんだよ、いいってことよ、バカヤロー、このあほガラス」などなど、登場人物との掛け合いが面白い。池田愛の雰囲気は吉高由里子に似ていて、表情が豊で魅力的だ。


20121028103043


「アナルファッカー」や「ももいろそらを」は単に奇をてらった言葉ではなく、終盤でちゃんとストーリーに結びつく。映像は全編モノクロだが、光の入れ方が綺麗で単調さは全く感じない。小林啓一監督は映画初挑戦だが、ミュージックビデオやTVCMを手がけてきただけあってセンスが光る。被写体に焦点を当てて背景をボカす手法がいい。



笑いあり涙なしアナルファッカーありのこの映画。主人公「いずみ」の直球な感情と女子高生という設定、そしてモノクロの映像が上手くハマり、物語にぐっと引き込まれる。iTunesでの先行配信も残りあと僅か。新宿の武蔵野館で観る予定のない方は是非。

ももいろそらを(iTunes)


関連記事