読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニンテンドーとアップルの共通点『3DS LL どうぶつの森パック』

e.t.c. e.t.c.-グッズ

20160426214924


どうぶつの森パックの3DS LLを購入した。私が遊ぶわけではないが、本体のデザインが可愛くて、持っている事に喜びを感じる製品だ。

正式名称は『ニンテンドー3DS LL とびだせ どうぶつの森パック』。2012年11月8日に数量限定で発売され、ソフトは本体付属のメモリーカードにプリインストールされている。

3DS LLの本体は表と裏にカラフルなイラストがプリントされていて、これがとにかく可愛い。最初に名前を聞いた時はキャラクターのプリントを想像したのだが、長く使えるよう配慮されているのか、絵柄がシンプルでよかった。


20160426214925


3DS LLはディスプレイの縁がカーブしているため、全体的に柔らかい印象を受ける。本体の側面はほとんど出っ張りがなく、タッチペンやSDカードスロットなど、インターフェイスが綺麗に収まっている。何かに似ている。そう。これは、MacBook Airなどのアップル製品と同じだ。


1980年にゲームウォッチを発売後、ファミコン、ゲームボーイ、Wii、DSなど、数多くのヒット商品を生み出した任天堂。ポケモンのワイヤレスキーボードや3DS LLなど、特に最近の製品はカーブとホワイトの使い方に美しさを感じる。

インダストリアルデザイナーのディーター・ラムスは言う「良いデザインは製品を分かりやすくする」。機能だけではなく、人が使うシーンを徹底的に研究し、突き詰めた結果シンプルなデザインになる。もとまかさんも言っていたが、任天堂とアップルには同じ思想があるのかもしれない。

ニンテンドー3DS LL とびだせ どうぶつの森パック(Amazon)


関連記事