Simplenoteに最適なテキストエディタ『Justnotes for Mac』


iPhoneのSimplenoteが便利で手離せない。

本文の1行目がそのままタイトルになるし、タイトルをリスト化して一覧で表示させる事ができる。それだけなら標準のメモアプリでも十分だが、Simplenoteには「メモにピンをさす」という特別な機能がある。

記事のネタや、タスクとして残しておきたいメモにピンをつけて、一覧の最上部に表示させる。記事を書き終わったり、ネタをお蔵入りする場合はピンを外す。この流れが快適で、かれこれ2年ぐらい愛用している。


Simplenote for iPhone


SimplenoteはiPhone(iPad) ⇄ Mac(Win)でノートを同期できる。MacではSafariやChromeのWebアプリを使ってきたが、最近調子が悪い。Simplenoteは書いている途中にテキストが自動保存されるが、これに時間がかかって日本語の入力がモタつく。

そこでMacのデスクトップアプリを探した。

最初に見つけたのがNotational Velocity。動作が軽く、アプリのアイコンも気に入ったが、肝心のピンをつける機能がなかった。次に見つけたのがMetanota。こちらはピンの機能はあるが、ノート数が多いせいだろうか、動作が全体的に重い。

動作が安定していて、ピンが使える。画面の配色がシンプルで、アンダーバーやサイドバーなどのバランスが取れている。全体的にふわっとせず、カチっとしている。そんなテキストエディタを探し求め、ようやく見つけたのがJustnotesだ。



JustnotesはSimplenoteと同期できるMacのテキストエディタ。Simplenoteの複数アカウントに対応しているし、Dropboxやローカルフォルダにあるテキストファイルも同期できる。Evernoteのファイル(.enex)をインポートする事も可能だ。


20130105182713


画面の配色やデザインはシンプルで、カチっとまとまっている。動作や同期も安定していて安心感がある。アプリ起動時の同期に若干時間がかかるが、文字入力中の同期速度は問題ないレベルだ。



Justenotesでノートにスター(Favorite)をつけると、ピンとして扱われてリストの最上部に表示される。JustenotesでノートをArchiveに移動すると、SimplenoteではDeleteとして処理される。



iPhoneと同様にプレビューを「None」に設定すればタイトルでリスト化できるし、「Make Links Clickable」にチェックを入れると本文中のURLをクリックできるようになる。ホットキーによるショートカットにも対応しているし、メニューバーのアイコンをクリックするだけで表示/非表示を切り替える事もできる。



アプリの価格は850円。少々値がはるが、オフィシャルサイトからデモバージョンをダウンロードできるので是非試して欲しい。TweetbotやReederが好きな人にはカチッとはまるはずだ。

Justnotes(Mac App Store)


関連記事