読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロボットのヘビメタバンド『COMPRESSORHEAD』がブレイク寸前




ロボットのヘビーメタルバンド『COMPRESSORHEAD』が新曲を発表した。曲はMotorheadのAce of Spades。公開されたのはスタジオの映像だが、今月18日に開催されるオーストラリアの音楽フェス『BIG DAY OUT』では、ライブで演奏する事が決定している。



COMPRESSORHEADは、ドイツのRobocross Machines社がプロデュースしているロボットのバンド。オフィシャルサイトはこちら。メンバーはStickboy、Fingers、Bonesの3人。



ドラムのStickboyがデビューしたのは2007年。4本の腕と2本の足でPeralのドラムを叩き、Stickboyジュニアがハイハットのシャッフルをアシストしている。



2009年に、78本の指を持つギタリストFingersがデビュー。続いて2012年にベースのBonesが加入し、COMPRESSORHEADが結成された。ドラムだけ生演奏しているのではなく、ギターやベースもちゃんと左手でフレットを押さえ、右手で弦を弾いている。



COMPRESSORHEADは今のところカバー曲だけだが、オリジナルの曲を発表したらヒットチャートにランクインするのではないだろうか。ベースのBonesはクールだし、ギターのFingersはお茶目だし、なんといってもドラムのStickboyにはスター性がある。

➤ via Mashable


関連記事