読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる





春友ラーメンのどんぶり

Essay




私の数少ないネット友達に、春友という名前のイケメンがいる。iPhoneのブログを通じて知り合ったのだが、私の付き合いが悪いせいで滅多に会う事はない。先日も手作りラーメンの試食会に誘ってくれたが断ってしまった。彼女とのデートがあると見栄を張ったが、本当は痔の手術とバッティングしたのだ。

というのは冗談だが、昨年末、最も印象に残った記事というテーマを書いた。2012年に限定して印象に残った記事を上げたのだが、範囲を数年に広げると、最初に思い浮かぶのは春友の「なまら禁煙」だ。私が禁煙を始めた時に同調してくれた記事。私に負けず劣らずイケメンな彼が続けているのに、挫折なんてできない。そんな歪んだ対抗心のおかげで、今も禁煙は続いている。

そんな彼が、今年サラリーマンをやめてラーメン屋を始めるそうだ。歳が同じで、家族構成も似た彼の奮起は、とても刺激になる。彼のブログに開業宣言の記事があったはずだが、見つからないので紹介は控えておく。

めでたく店がオープンしたら、このラーメンどんぶりを贈ろうと思う。iPhoneも好き、ラーメンも好きな彼には一石二鳥だ。満席のカウンターで、客が全員どんぶりを凝視して麺をすする。湯気にもめげず、汁にもめげず、がんばれiPhone、がんばれ春友。


関連記事