読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる





カメラの視点で映画を観る『The Art of Steadicam』

Movie Movie-Tips




カメラの視点で映画を観ると、新しい発見があって面白い。パン、ローアングル、トラック、ドリーインなど、撮影には様々なテクニックがある。トラックやドリーインは被写体に追従して撮る技法だが、そこで使われるのがSteadicamだ。

Steadicamは、1973年にアメリカの撮影監督ギャレット・ブラウンによって開発され技術で、ジンバルで振動を吸収したり、サスペンションでブレを防止するビデオカメラの機材。役者を追って「長回し」で撮影すると、浮遊感のある映像が撮れる。

そんなSteadicamに焦点を当て、40本近くの映画から撮影シーンを集めたのが、今回紹介する『The Art of Steadicam』。



登場する映画のタイトルはこちら(リンクはiTunes Store)。

  1. Kill Bill Vol. 1(キル・ビル)00:18
  2. Atonement(つぐない)00:35
  3. Eyes Wide Shut(アイズ ワイド シャット)00:57
  4. Artificial Intelligence: AI(A.I.)01:06
  5. ER: Season 4, Ep. 20(ER緊急救命室)01:21
  6. The X-Files: Season 6, Ep. 03(Xファイル)01:37
  7. Raising Cain(?)01:46
  8. Pride & Prejudice(プライドと偏見)01:54
  9. Boogie Nights(ブギーナイツ)02:11
  10. Doom(ドゥーム)02:20
  11. Point Break(ハートブルー)02:28
  12. Pulp Fiction(パルプ・フィクション)02:43
  13. Werckmeister Harmonies(?)02:56
  14. Outpost 11(?)03:09
  15. After Hours(アフター・アワーズ)03:17
  16. Much Ado About Nothing(空騒ぎ)03:28
  17. Marathon Man(マラソンマン)03:49
  18. Carlito’s Way(カリートの道)03:56
  19. Goodfellas(グッドフェローズ)04:09
  20. Rocky(ロッキー)04:15
  21. Michael Clayton(フィクサー)04:28
  22. The Peacemaker(ピースメーカー)04:39
  23. The West Wing: Season 1, Ep. 04(ザ・ホワイトハウス)04:47
  24. The Birdcage(バードケージ)05:02
  25. Flightplan(フライトプラン)05:11
  26. Donnie Darko(ドニー・ダーコ)05:20
  27. Good Night and Good Luck(グッドナイト&グッドラック)05:27
  28. The Doors(ドアーズ)05:38
  29. Before Sunset(ビフォア・サンセット)05:54
  30. The Shining(シャイニング)06:15
  31. Thank You For Smoking(サンキュー・スモーキング)06:27
  32. The West Wing: Season 1, Ep. 10(ザ・ホワイトハウス)06:41
  33. The Protector(プロテクター)06:53
  34. Two Days in the Valley(2 days トゥー・デイズ)07:14
  35. Pride & Prejudice(プライドと偏見)07:32
  36. The Mighty Quinn(刑事クイン/妖術師の島)07:45
  37. Serenity(セレニティー)08:06
  38. Eyes Wide Shut(アイズ ワイド シャット)08:18
  39. Fight Club(ファイト・クラブ)08:29
  40. Full Metal Jacket(フルメタル・ジャケット)08:49
  41. Full Metal Jacket(フルメタル・ジャケット)09:00
  42. Malcolm X(マルコムX)09:10
  43. The Shining(シャイニング)09:22
  44. The Shining(シャイニング)09:45


印象に残ったカメラワークは、3分56秒から始まるカリートの道。カメラは走る役者の後ろから。エスカレーターの下に敵がいる事に気づき、役者は咄嗟に身を隠すが、カメラはそのままエスカレーターに乗って敵の視点に移動する。監督はブライアン・デ・パルマ。さすが映像の魔術師だ。

他にもキル・ビル、プライドと偏見、マラソンマン、ドゥームのカメラワークが面白かったが、圧巻なのはスタンリー・キューブリック。シャイニング、アイズ ワイド シャット、フルメタル・ジャケットの3本が登場するが、どれも臨場感と緊張感のある映像で、観る者を圧倒する。

今回のオムニバスで気になったOutpost 11やフィクサーも、いつか観てみたい。カメラの視点で映画を観ると、監督やカメラマンの意図に気づく。水野晴郎じゃないが、映画って本当にいいものだ。奥が深くて面白い。

Refocused Media via The Verge


関連記事