読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる





分解はアートになり得るのか『Things Come Apart』

e.t.c. e.t.c.-デザイン



20130503221910


以前、破壊されたApple製品はアートになり得るのかという記事を書いた。破壊はアーティスティックだが、嫌悪感を抱くという内容の記事だ。では、破壊ではなく分解ならいいのか。

これは、フォトグラファーのTodd Mclellanによる製品の分解写真。


20130503221906

20130503221916

20130503221912

20130503221911

20130503221908

20130503221907

20130503221905

20130503221914

20130503221915


こちらは撮影風景。



消化器からApple製品まで、Todd Mclellanのサイトには様々な分解写真がアップされている。5月31日には写真集『Things Come Apart: A Teardown Manual for Modern Living』も発売予定で、Amazonで予約を受け付けている。

分解はアートになり得る。破壊と違って復元できるからだ。一つ一つ丁寧にネジを外し、これ以上分解できないところまでバラす行為は、製品へのリスペクトを感じる。

Things Come Apart via The Verge


関連記事