読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる





世界の名所がミニチュアに、Richard Silverのチルトシフト写真集

Camera Camera-Tips



20130505094240
万里の頂上


チルトシフトレンズは、もともと建築写真用に開発されたものだった。高い建物を下から撮影すると遠近法の影響で上がすぼむが、上下にシフトする特殊なレンズを使うと、全景を歪みなく撮影する事ができる。

この仕組みを利用してピントを意図的にずらし、被写体をミニチュア風に撮影する手法がある。通常のレンズで撮影した写真をTiltShift GeneratorPhotoshopなどのアプリケーションで加工したり、チルトシフトの専用レンズを使う。

そんなチルトシフトレンズで世界の名所を撮影したのが、写真家のRichard Silverだ。


20130505094236
マチュピチュ


20130505094235
ハロン湾


20130505094228
アクロポリス


20130505094230
イースター島


20130505094234
ドバイ


20130505094231
グランド・ゼロ


20130505094238
嘆きの壁


20130505094233
テオティワカン


20130505094237
ローマの旧跡


20130505094232
コロッセオ


20130505094229
アヤソフィア


20130505094239
東京


世界の名所がまるでジオラマのようだ。

Richard Silver Photo via PetaPixel


関連記事