サイボーグ009という名の攻殻機動隊『009 RE:CYBORG』



20130527215824


5月22日にアニメ映画『009 RE:CYBORG』のBlu-rayとDVDがリリースされ、同時にレンタルも開始された。

『009 RE:CYBORG』は、石ノ森章太郎の漫画『サイボーグ009』をベースに、神山健治監督が現代を舞台にして描き直した作品。神山監督と言えば『攻殻機動隊 S.A.C.』だが、おそらく意図的なものだろう、『009 RE:CYBORG』には攻殻機動隊のキャラクターが色濃く反映している。


20130527215941


例えば、サイボーグの指揮をとるギルモア博士は荒巻課長、正義感の強い002:ジェットはトグサ、怪力の005:ジェロニモはバトー、脳細胞が発達した001:イワンはタチコマなど。


20130527215951


『009 RE:CYBORG』は「彼の声」に共鳴した者が自爆テロを繰り返すというストーリーだが、この設定も攻殻機動隊の「インディビジュアルイレブン」に似ている。

似ているから嫌だと言っているわけではなく、攻殻機動隊のファンにとってはニヤりとするシーンが多くて面白い。



004:アルベルトは語る。

人類にだけ偶然備わった、他の動物にはない思考する脳こそが、神そのものなのではないか。脳とは、自らの存在を人間に意識させる事で、生存に有利な環境を作り出す事に成功した、便宜上、神と呼ばれる何かなのではないか。

アクション、SF、サスペンスの要素だけではなく、こういった哲学的なセリフが登場するところもいい。脚本も神山監督。『009 RE:CYBORG』はサイボーグ009という名の攻殻機動隊であり、だからこそ観る者を惹きつける。


20130527215825


それにしても、003:フランソワーズはセクシーだった。

009 RE:CYBORG Amazon Blu-ray / DVD


関連記事