読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スパイク・リーが選ぶ『映画監督になりたい人が観るべき86本』



20130730234116


スパイク・リー監督の映画は冷たくて熱い。『マルコムX』や『インサイド・マン』など、映像は渇いているのに物語は熱く湿っていて、一度観ると忘れられない作品が多い。



スパイク・リーは一見するとコメディアンのようだが、ニューヨーク大学の教授でもある。その講義の中で、監督志望者が観るべき映画として挙げたのが、こちらの86本。



  1. バッド・ルーテナント/刑事とドラッグとキリスト(アベル・フェラーラ)
  2. 羅生門(黒澤明)
  3. 用心棒(黒澤明)
  4. 乱(黒澤明)
  5. 裏窓(アルフレッド・ヒッチコック)
  6. めまい(アルフレッド・ヒッチコック)
  7. 北北西に進路を取れ(アルフレッド・ヒッチコック)
  8. 俺たちに明日はない(アーサー・ペン)
  9. 暗殺の森(ベルナルド・ベルトルッチ)
  10. ラストタンゴ・イン・パリ(ベルナルド・ベルトルッチ)
  11. 地獄の英雄(ビリー・ワイルダー)
  12. お熱いのがお好き(ビリー・ワイルダー)
  13. Killer of Sheep(チャールズ・バーネット)
  14. 狩人の夜(チャールズ・ロートン)
  15. 赤ちゃん泥棒(ジョエル・コーエン)
  16. 戦場にかける橋(デヴィッド・リーン)
  17. アラビアのロレンス(デヴィッド・リーン)
  18. 波止場(エリア・カザン)
  19. A Face in the Crowd(エリア・カザン)
  20. 道(フェデリコ・フェリーニ)
  21. 甘い生活(フェデリコ・フェリーニ)
  22. 8 1/2(フェデリコ・フェリーニ)
  23. シティ・オブ・ゴッド(フェルナンド・メイレレス)
  24. ゴッドファーザー(フランシス・フォード・コッポラ)
  25. ゴッドファーザー PART II(フランシス・フォード・コッポラ)
  26. 400 Blows(フランソワ・トリュフォー)
  27. アメリカの夜(フランソワ・トリュフォー)
  28. パットン大戦車軍団(フランクリン・J・シャフナー)
  29. マッドマックス(ジョージ・ミラー)
  30. マッドマックス2(ジョージ・ミラー)
  31. アルジェの戦い(ジッロ・ポンテコルヴォ)
  32. さらば冬のかもめ(ハル・アシュビー)
  33. ブレスレス(ジャン=リュック・ゴダール)
  34. ウエスト・サイド物語(ロバート・ワイズ、ジェローム・ロビンス)
  35. ストレンジャー・ザン・パラダイス(ジム・ジャームッシュ)
  36. 大列車作戦(ジョン・フランケンハイマー)
  37. マルタの鷹(ジョン・ヒューストン)
  38. 黄金(ジョン・ヒューストン)
  39. ゴングなき戦い(ジョン・ヒューストン)
  40. 真夜中のカーボーイ(ジョン・シュレシンジャー)
  41. マラソンマン(ジョン・シュレシンジャー)
  42. ボーイズ'ン・ザ・フッド(ジョン・シングルトン)
  43. 忘れられた人々(ルイス・ブニュエル)
  44. 黒いオルフェ(マルセル・カミュ)
  45. Home of the Brave(Mark Robson)
  46. ミーン・ストリート(マーティン・スコセッシ)
  47. レイジング・ブル(マーティン・スコセッシ)
  48. アポカリプト(メル・ギブソン)
  49. カサブランカ(マイケル・カーティス)
  50. ザ・クラッカー/真夜中のアウトロー(マイケル・マン)
  51. 赤い靴(マイケル・パウエル、エメリック・プレスバーガー)
  52. Cooley High(Michael Schultz)
  53. I Am Cuba(ミハイル・カラトーゾフ)
  54. カッコーの巣の上で(ミロス・フォアマン)
  55. 第9地区(ニール・ブロムカンプ)
  56. 夜の大捜査線(ノーマン・ジュイソン)
  57. 黒い罠(オーソン・ウェルズ)
  58. ブルーカラー/怒りのはみだし労働者ども(ポール・シュレイダー)
  59. 白熱(ラオール・ウォルシュ)
  60. パリは燃えているか(ルネ・クレマン)
  61. M★A★S★H マッシュ(ロバート・アルトマン)
  62. アラバマ物語(ロバート・マリガン)
  63. Rome, Open City(ロベルト・ロッセリーニ)
  64. Paisan(ロベルト・ロッセリーニ)
  65. チャイナタウン(ロマン・ポランスキー)
  66. 黒い雨(今村昌平)
  67. 狼たちの午後(シドニー・ルメット)
  68. 雨に唄えば(ジーン・ケリー、スタンリー・ドーネン)
  69. 突撃(スタンリー・キューブリック)
  70. スパルタカス(スタンリー・キューブリック)
  71. 博士の異常な愛情(スタンリー・キューブリック)
  72. カンフーハッスル(チャウ・シンチー)
  73. 堕天使のパスポート(スティーヴン・フリアーズ)
  74. Hoop Dreams(Steve James)
  75. 未知との遭遇(スティーヴン・スピルバーグ)
  76. 太陽の帝国(スティーヴン・スピルバーグ)
  77. 暴力脱獄(スチュアート・ローゼンバーグ)
  78. 地獄の逃避行(テレンス・マリック)
  79. 天国の日々(テレンス・マリック)
  80. オズの魔法使(ヴィクター・フレミング)
  81. 巴里のアメリカ人(ヴィンセント・ミネリ)
  82. 炎の人ゴッホ(ヴィンセント・ミネリ)
  83. 自転車泥棒(ヴィットリオ・デ・シーカ)
  84. ミラノの奇蹟(ヴィットリオ・デ・シーカ)
  85. デッドエンド(ウィリアム・ワイラー)
  86. カメレオンマン(ウディ・アレン)



黒澤明からキューブリック、ゴダールからスピルバーグまで、名作揃いのラインアップだが、『第9地区』や『シティ・オブ・ゴッド』など、スパイク・リーらしい選出もあって面白い。

➤ via Highsnobiety


関連記事