なぜ女子の陸上選手はセクシーなユニフォームを着るのか

ここ数年、女子のトラック競技を見ているとユニフォームが妙にセクシーで気になっていた。上はブラトップでヘソを出しているし、下はハイレグ水着のようなカットラインだ。なぜこんなに露出度が高いのだろう。不思議に思い調べてみた。

どうやら上をブラトップにする理由は、空気抵抗と関係があるようだ。基本的に女性は胸が出ているので、お腹までユニフォームを着ると、胸の下に隙間ができる。するとそこに空気がたまり、前進する推力に対して反対向きの抗力が生まれてしまうそうだ。

一説によると100mで0.1秒の違いが生まれるらしい。空気抵抗はスピードが速くなるほど増すため、ハイレベルになるほど隙間が重荷になる。だから陸上の女子選手はセパレートにしているわけだ。スピード競技は空気との果てしない闘いだ。

ただ、ここで一つ疑問が残る。それはハイレグのブルマだ。あれが空気抵抗の削減を目的としているなら、男子もハイレグにするべきなのに、男子はボクサーパンツが多い。男子は左右に空気がたまるはずなのだが...

ユニフォームへの疑問はまだまだ尽きない。

Amazon