読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

富士フイルムX100Fの使い方 - ファンクションボタンのカスタム設定

DSCF1435


X100Fは背面のボタンの位置が変わった。先代のX100Tは液晶画面の左側に再生ボタンなどが配置されていたが、X100Fは右側に集約されて随分すっきりした。

ただ、クイックメニューの「Q」ボタンの位置はいただけない。先代のX100Tはセレクターボタンの左上にあったが、X100Fで右端に移動した。カメラを構えると右手の親指あたりくる。発売前から気になっていたのが、案の定、意図しないタイミングで押してしまう事があった。

そこで、ボタンの設定をカスタマイズした。X100Fはファンクションボタンの割り当てが変更できる。設定できる項目はオフィシャルサイトのこちらを。


以下は私の設定。

ボタン・ダイヤル 設定
MENU/OKボタン Qボタンとセレクターボタンをロック
フロントコマンドダイヤル 割り当てなし
リアコマンドダイヤル 割り当てなし
AEL/AFLボタン 割り当てなし
コントロールリング デジタルテレコンバーター
コントロールリング設定ボタン 感度AUTO設定
Fn1ボタン NDフィルタ


まず、①のMENU/OKボタン長押しで、Qボタンとセレクターボタンをロックする。②③④も誤操作を防ぐために無効にする。⑤のコントロールリングで焦点距離を変更して、⑥でISO感度のAUTO設定を変更する。

X100FでISO感度の調整ダイヤルが搭載されたが、AUTOのパターンはボタンで選ぶ。夜間用に6400、日中用に400など、3つの上限値が登録できる。シャッタースピードの下限値も合わせて設定すると、手振れを押さえることができる。

⑦のNDフィルタは頻繁に使うので、シャッターボタンの隣りにあるFn1ボタンに割り当てた。NDフィルタの効果に関しては別の記事で紹介したい。

これらの設定で撮影中のストレスはなくなった。冒頭の写真のようなローアングルでも、不意にメニューが開くことはない。シャッターチャンスをフイにすることもなくなるというわけだ。


撮影カメラ

FUJIFILM デジタルカメラ X100F ブラック X100F-B

FUJIFILM デジタルカメラ X100F ブラック X100F-B


X100F関連記事