読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スナップ写真を撮るときのカメラ設定

DSCF4897


前回はスナップ写真の定義について書いたが、今回はスナップ写真を撮るときのカメラ設定について紹介したい。私が使っているカメラはFUJIFILMのものだが、どのメーカーでも同じような設定ができるはずだ。


スナップ写真のカメラ設定

項目 設定
レンズの絞り F2.0〜2.8
シャッタースピード 1/60〜1/80
AFモード シングルポイント
フォーカス音 オフ
シャッター音 オフ


レンズの絞りを開放付近で撮るのは、写真を柔らかくするためだ。絞ると絵が硬くなる。柔らかいほうが、その場の空気が写る。

FUJIFILMのカメラは、ISO感度のAUTO設定にシャッタースピードの下限値を組み合わせることができる。シャッタースピードの下限値を1/60で設定すると、感度が自動で調整され、シャッタースピードが下限値付近になる。

シャッタースピードを抑える目的は、動いている被写体の残像を写すためだ。被写体が近い場合は顔がはっきり写らないほうがいいし、残像があると動きが表現できる。

フォーカス音とシャッター音を消すのは、被写体にカメラを意識させないためだ。音があると撮られていることを意識して、自然な雰囲気が出ない。スナップとポートレートの違いはここにある。

この設定で2月と3月に撮影した写真がこちら。


DSCF4811


DSCF5273


DSCF5402


DSCF5661


DSCF5804


DSCF5832


DSCF0275


DSCF0464


DSCF0491


DSCF0822


DSCF2474


DSCF2649


DSCF2751


DSCF2847


DSCF2915


DSCF3064


DSCF3097


DSCF3198


DSCF3294


DSCF3508


DSCF4125


DSCF7856


DSCF6097


DSCF6238


DSCF6566


DSCF6061


AFモードは「シングルポイント」を使っていたが、次から「ワイド/トラッキング」にしようと思う。これにより、コントラストが高い被写体に自動でピントが合うようになる。カメラに委ねて、より素早く撮れるはずだ。

スナップ写真は奥が深くて楽しい。


撮影カメラ

FUJIFILM デジタルカメラ X100F ブラック X100F-B

FUJIFILM デジタルカメラ X100F ブラック X100F-B

FUJIFILM デジタルカメラ X100T シルバー FX-X100T S

FUJIFILM デジタルカメラ X100T シルバー FX-X100T S