読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファーストカット症候群

FIRSTCUT8075


FIRSTCUT8069


写真を撮り始めてから、ずっと不思議に思っていることがある。


FIRSTCUT8886


FIRSTCUT8895


道を歩いていると目の前に気になる光景が現れる。おもむろにレンズを向けてシャッターを切る。続けて角度を変えて何枚か撮る。家に帰って見比べて、迷った末に選ぶのは、だいたい最初に撮った一枚だ。


FIRSTCUT9116


FIRSTCUT9122


おそらく理性で選ぶ光景より、本能で感じた光景のほうが脳に焼きつきやすいのだろう。写真には見本となる構図があるが、撮影者が最初に感動した光景はセオリーを超えているのだ。


FIRSTCUT8184


FIRSTCUT8193


ただ、こうして写真を並べても、見る側はどれが最初に撮ったものか分からない。撮影した本人しか区別できないし、時には本人ですら、なぜそれを選ぶのか説明できない。


FIRSTCUT8410


FIRSTCUT8419


私はこの不思議な現象を、ファーストカット症候群と呼んでいる。


撮影カメラ


撮影地