読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛する人を信じて裏切られ、愛する人を疑って後悔する、映画『怒り』

映画『怒り』のレンタルが4月5日から開始された。

『怒り』は2016年に公開された日本のサイコサスペンス。監督は『悪人』の李相日。音楽は坂本龍一。出演は渡辺謙、妻夫木聡、綾野剛、松山ケンイチ、森山未來、宮崎あおい、広瀬すずなど、日本を代表する俳優・女優が顔を並べている。

見どころは深いストーリーと役者の演技。

物語は八王子で発生した殺人事件から始まる。容疑者のモンタージュは、東京の綾野剛、千葉の松山ケンイチ、沖縄の森山未來の三人を掛け合わせたような顔だった。それぞれの土地で苦しく切ない物語が同時に進行する。犯人は最後の最後まで明かされない。

圧巻なのは役者の演技。雨に打たれて泣く宮崎あおいは背筋が凍る。最後に破綻する佐久本宝には心をえぐられる。最も光っていたのは妻夫木聡のゲイ役。綾野剛とのベッドシーンもインパクトがあるが、さりげなくゲイを表現する演技に役者としての深さを感じる。

映画のテーマはタイトル通り「怒り」。人を信じて裏切られ、人を疑って激しく後悔する。そこで生まれる自責の念と怒り。あなたなら、誰を信じて、誰を疑うか。

是非この週末に。


Amazonレンタル

怒り

怒り


その他のオンラインストア