半径100キロメートルの野望

DSCF7838


写真に対する情熱が涸れない。

昨年から写真を撮り始めて、これまで名古屋と東京を中心にたくさんの撮影地を訪れた。日本には撮影スポットが幾つもあり、ウェブで素敵な写真を見つけてはメモに残している。先日、久しぶりにそのメモを眺めていたら、ある傾向性に気付いた。それは半径100キロメートルの円だ。

東京を除くと、メモに残した撮影スポットのほとんどが、自宅から半径100キロメートルに収まっていた。その先にも綺麗な場所は沢山あるが、現実味が薄かったので無意識に外していたのだろう。下のスクリーンショットは、自宅がある名古屋近郊を中心に半径100キロメートルの円を描いたもの。


20170414184900


撮りたい場所はこちら。(リンク先はGoogleの画像検索結果)


愛知


岐阜


三重


静岡


滋賀


京都


片道100キロメートルなら日帰りで行ける。車を使えば奥地にも行けるし、下道を使えばお金もかからない。ただ、休日は家人が車を使うことが多いし、車は渋滞にハマると時間をロスする。そこで思いついたのがバイクだ。

昔ヤマハのTWに乗っていたので免許はある。バイクは燃費がいいので、100キロメートルなら500円程度だ。渋滞をすり抜けることもできるため、片道2時間程度で移動できる。気にするのは天気と髪型だけでいい。

いま候補に上がっているのは、カワサキのNinja 250。TR250のカフェレーサー仕様もいいが、長距離は疲れるかもしれない。色は黒で、ヘルメットも黒にしよう。カメラを買うときもそうだが、自分のライフスタイルが変わる予感は、いつも楽しいものだ。


関連書籍

半径5メートルの野望 完全版 (講談社文庫)

半径5メートルの野望 完全版 (講談社文庫)