クロノスタシス

DSCF4042


クロノスタシスとは、アナログ時計の秒針が止まって見えるあの現象のこと。人の眼球は小刻みに振動しているため、生の映像はブレている。そのブレを補正して、ノイズを除去しているのは脳の機能だ。

脳が補正するタイミングと、秒針を見るタイミングが重なると、ウェイトが発生して秒針が止まっているように見える。秒針だけ気づく理由は、脳が一秒の間隔を覚えているからだ。

冒頭の写真は、JR名古屋駅の高島屋コンコースで撮ったもの。シャッタースピードを1/4にしたら、中央の女性が止まって見えた。写真に閉じ込められた女性は、いくら見直しても動かない。永遠のクロノスタシスだ。


撮影カメラ


撮影地